釧路湿原、阿寒・摩周の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。
●ブログ凸凹日誌●●●●●
  • HOME »
  • ●ブログ凸凹日誌●●●●● »
  • 年別アーカイブ: 2015年

年別アーカイブ: 2015年

秋のキラコタン岬がこんなに美しいとは!

いつも行きなれているキラコタン岬ですが、晩秋をむかえ草紅葉やヤマモミジの紅葉、ミズナラの茶色から褐色の紅葉に彩られ、とても美しい姿を見せてくれました。お客様を案内していたので原則、写真は撮影しないのですが、あまりに美しか …

なぜ、ニホンライチョウは北海道にいないのだろう?

北アルプス登山の野鳥的醍醐味はライチョウとの出会いである。3年前、剱岳立山縦走登山で台風のなか、ライチョウに出会い、悪天候こそライチョウに出会えるものとおもっていた。今回、常念山脈縦走では、好天に恵まれ、まったくライチョ …

山でこんなものをいただいて贅沢な気分

テントや食糧をもたないでも、山小屋を利用して縦走が可能な北アルプス。中高年にはありがたいが、故に事故が多いのも現実。味覚の秋は登山もグルメ。泊まりたい宿No.1の燕岳山荘ではビールはもとより、ケーキバイキングってのをやっ …

恒例の体力確認登山に行ってきました

ここ数年、体力と技量の限界というより限度確認のため、北アルプスの山々に行っています。今年は、常念山脈を3日間かけて縦走してきました。花崗岩の山肌が特徴の燕岳から大天井岳を経て、百名山の常念岳、そして蝶ケ岳から下山しました …

ガイドの合間にとった秋の風景

めっきり秋めいてきた釧路地方です。台風17号が通過して、空の色が替わりました。キラコタン岬の基点である鶴居村周辺の秋の景色です。今年は、ヤマブドウやミズナラの実(ドングリ)が結構目立ちます。クマさんたちも喜んでいるでしょ …

マリモの心 <ガイドエッセイ『旅する阿寒』第9話>

マリモの心 <このマリモ阿寒の顔です、心です> 地域でマリモの保護活動をおこなっている「阿寒湖のマリモ保護会(設立昭和25年)」がつくった標語である。 「阿寒湖のマリモ」は国の特別天然記念物、いわば生物界の国 …

うれしいニュース

今朝(2015.9.5)の北海道新聞にうれしい記事が2題のってました。一つは、今年の釧路市市民貢献賞で、我が自然ガイドの師匠ともいうべき大西英一さんと阿寒クラシックトレイルでいつもボランティアでサポートいただいている小瀬 …

いつも歩いている遊歩道だけど

いつも歩いている美原外周散歩道。こんなにキノコを見たのははじめて。私の眼がキノコ目になったのか、環境が変ったのか?ちなみに造成約30年以上となり、樹木にも劣化が顕著。主要樹種はキタガミハクヨウ(ドロノキとヤマナラシのF1 …

アイヌ地名を訪ねて<ガイドエッセイ『旅する阿寒』第8話>

アイヌ語は、通常、単語の意味の組合せで構成されることが多い。野鳥を例にとれば、アイヌ名がついたもので有名なのはエトピリカ。エトは嘴、ピリカは美しい、よって「嘴の美しい鳥」となる。エトピリカとともに、世界のバードウォッチャ …

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。本州以西では猛暑で大変なことと推察します。ここ北海道、とりわけ道東は冷涼な夏が魅力。なにより7月の最高気温の平均は20℃という釧路ではあります。本日は、阿寒国立公園清里町の「さくらの滝」にサクラ …

Page 2 / 6123»
PAGETOP
Copyright © クスリ凸凹旅行舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.