「旅のレシピ」カテゴリーアーカイブ

第3話「どんな宿がお気に入り」(私たちの旅スタイル全7話)

長屋風ロンドン(パディントン)のB&B。同じつくりで名前だけ違うので最初は面食らう

宿泊は個人手配するときは《Booking.com》や《Expediaエクスペディア》を使う。英国のフットパスめぐりではB&Bやインといった民宿系の宿泊地を探したのだが確保が容易。ただ注意点というか、私の失敗例もご参照下さい。

 宿泊設備の用件をよくチェックすること。特にトイレが共用か、部屋付けか。バスタブがあるか、ないか等、よくチェックすると書いてあるが、料金とか、雰囲気で決めると現場で後悔。特に歳をとるとトイレの共用は遠慮したい。また、音がうるさいとか、清掃が行き届いていないなどはクチコミ情報などをチェック。宿泊場所は大切な旅の要素でもあり、楽しみながら探すことができればこれに越したことはない。デザインホテルも楽しそう。

ちなみに当舎の選択優先基準は、立地(観光拠点又は駅)、価格(1室1万円前後)、トイレ付き(できればバスタブも)。

フリープランでは、価格に合わせて宿泊用件が揃ったホテルが用意されているが、低額商品について旅行代理店はホテルのグレードアップを提案してくる。「旅行価格のホテルは観光拠点から遠隔地の場合があります。立地のいいホテルにグレードアップしませんか」、これにはついグレードアップしてしまうのだが、後でホテルの料金を調べると相当な価格差。旅行代理店は宿泊のグレードアップや空港へのタクシー出迎え手配などで儲けているのがよくわかる。タクシー出迎えは1人当たりの価格設定(そもそも1人当たりが変)。通常、空港で1台利用時の2倍~3倍の価格。空港でタクシー(白タクはだめ)を拾うので充分安心。

 ホテルは旅行シーズンによっては、高級ホテルが低価格で泊まれることもあるので、とても得した気分で宿泊できる。フランス・ベルギー・オランダを11月に旅したときは、全部個人手配だったがベルギーの三ツ星ホテルが1室8000円台だった。

 もう一つ失敗例。宿泊の支払は現地カード払いだが、ベルギーのB&Bでカードの器具が不調だったのか、「後で請求します」「はい、わかったよ」。ということで帰国したらメールで支払先の銀行口座を知らせてきたので、支払手続きをしに銀行に出向いたら送金手数料が何んと5000円!。私の常識欠如。宿泊料が8000円くらいだったので、なんとか安い方法で送金できないか、検討したところ「ゆうちょダイレクト」の口座をつくって送金すると2000円ということで、この手続きに行き着くまでえらい苦労。ただ、「ゆうちょダイレクト」は郵貯口座同士の振込みが月5回まで無料、他銀行への振り込み手数料も低額ということで、当舎のメイン口座もこれを機に変更した、というおまけがついた。(ただでは転ばない)

 支払はカード若しくは現金でも、必ず現地で済ますべし。(ただし、この分野日進月歩でPayPalやPaypayなど訳のわからない電子マネーが横行しているのでもっと簡便な方法があるのかもしれない)

英国チェルトナムのB&B。普通の民家の一室に泊まる感じ。
Innというスタイルで1階は居酒屋、2階が宿泊施設。(英国、チョッピングカムデン)
アムステルダムのユースホステル、縦150%拡大コピー。オランダ人はデカい!
1階の食堂。階高があるので広々としている。
ちょっと狭苦しいがアントワープ大聖堂(ルーベンスのキリスト磔刑図で有名)の隣という絶好の立地。行ってみたら共同トイレ、共同バス、ただし料金は1食付きで一人7千円くらい。安い!
ブリュッセルの三ツ星ホテル、8千円くらい破格料金。朝食代が高いので向かいのコンビニで。

第2話「準備から旅ははじまる」(私たちの旅スタイル:全7話)

必携図書はやはり『地球の歩き方』。あまり古いの買うの注意。

 便利な時代である。インターネットで航空券、列車から宿泊先、施設入場券などいながらにして購入できる。初めての中国の時は、滞在地についてからホテルを探し、次の移動先への切符を買いに行き、場合によっては都市への移動許可を役所に手続きに行かなければならなかった。これだけで1日仕事。このプロセスも旅として楽しめなければ苦痛でしかない。

私の旅の必携図書は『地球の歩き方』。これに『マップル』や『るるぶ』などのグラフ系旅行雑誌を絡ませてリサーチ。加えてインターネット情報を加味して万全と思いきや、トラベルはトラブルの根源語、そうすんなりといかないところが旅の醍醐味というところ。

 航空券は《トラベルコ》というサイトを使っている。格安航空券や海外ツアーなどよりどり見取り。今回のスペイン、イタリアはそれぞれバルセロナ、マドリッド、ローマというメジャーな観光地を巡る8泊10日間だったので、フリープランという航空券と宿泊がセットになっているものを購入した。

 どんな航空券やツアーを選択するかといえば…、

  • 移動時間が短い(出来るだけ直行便) 
  • 価格が安い(リーズナブルといったほうがいいかも)
  • 行動時間が極端な時刻でない(早朝、深夜行動は避けたい)

お金がない若者が、欧州に行くには南回りのアラブ系エアか、ロシアのアエロフロート。でもこの歳になると10時間を越えるエコノミーでのフライトは苦行。直行便志向になる。これに加え、当舎は釧路在住なのでどうしても東京若しくは新千歳への事前移動をともなう。以前、英国に行ったときは新千歳発仁川乗換えのヒースロー着であった。韓国系エアも安くてサービスも悪くないが、連れは韓国の団体客のマナーに閉口してもう乗らないといっている。

今回のスペイン・ローマはローマ経由でアリタリア航空が安くて便利だった。イタリアは2回目だったが、いずれもアリタリア航空で、連れはこの航空会社のサービスポリシーが気に入らず(客を客ともおもわない労働者感覚)、もう乗らないの評価。なかなか難しい。

 スペインにはイベリア航空というナショナルフラッグのエアがあって、直行便も週数回飛んでいるが、マドリッドのみでバルセロナはなし。帯に短し、たすきに長し。

 私は、フィンエアが就航した新千歳とヘルシンキ便に注目。行きたい場所リスト上位のノルウェーのフィヨルドとアイスランド行きには最適だし、ヘルシンキはもっとも近い欧州で片道9時間。あとは価格と目的地への乗り継ぎ便のアクセス。なんとか路線を維持してほしいものだ。北海道民ももっと海外旅行しよう。

年をとって飛行機の長時間フライトで海外旅行を断念するご同輩も多いようだ。ビジネスクラスへのアップデートは私の旅スタイル財政編にはない。一度だけ、ダブルブッキングでビジネスシートにお世話になった。宝くじに当たった感覚。私の友人は日系のキャリアしか使用しないが、エコノミー旅行者にとっては日系エアも届かぬ夢ではあるが、《トラベルコ》の格安航空券上位にはなかなか現れない。いつかエコノミープレミアムには乗ってみたいなぁ。

いつでも、どこでもリュックサック派。だいたい30Lクラスで使い分け。
アリタリア航空にはもう乗らない、とは言いますがイタリアに行くには一番便利
空港でも時間があれば日記と領収書の整理
以前は新千歳直行便があったKLM。今度はフィンエアがヘルシンキと。

わたしたちの旅スタイル第1話「旅のテーマはなんとやら」(海外編 全7話)

コッツウォルズのパブリックフットパス、ルートNo.1を歩く
  1. 旅のテーマはなんとやら

 私の初めての海外旅行は高校時代の部活(写真部)の友人と行った1985年の中国シルクロード約2週間の旅であった。中国で個人旅行が開放された翌年、この旅行には写真家であった友人の撮影済みフィルムと未使用フィルムを旅先で交換するといったミッションもあったが、大変ながらも充実した旅で、海外旅行における心構えとノウハウの多くはこの旅で身につけたようにおもう。

 それから幾年月、多くの旅を経験したが、近年、連れ合いと一緒にクスリ凸凹旅行舎(2015年)を開業してからは、「身体の動くうちに…」を合言葉に二人で年に2回、国内と海外の行きたい処に出向いている。

旅のテーマになっているのは、

  • 素敵なトレッキングルートを歩く:登山路から散策路、フットパス、歴史道路など様々な道を歩くこと。登山に関しては国内の山岳が中心ではあるが、本場のアルプスのトレッキングも夢である。仕事の影響ではあるが、英国湖水地方やコッツウォルズのパブリックフットパスやローマも古代道路アッピア街道など有名どころとともに、いろいろな国の街歩きも大好きで旅先だと1日10kmくらいは歩いている。
  • 西洋絵画を鑑賞:連れと初めて行った欧州がイタリアで、その時のルネサンス絵画体験が基で、絵画鑑賞は旅の大テーマとなった。わが夫婦は通常、連れの趣味に感化されて私も参画し、いつのまにか私がのめりこむパターンが一般的だが、美術も同様。美術館、教会など訪ねながら、ルネサンスから近代絵画までの絵画鑑賞をとおして古代文明からキリスト教社会や西洋の近代化の背景を知ることは奥が深く、まだまだ道は長い。
  • お客さんの目線で訪問地の魅力をさぐる:最近、海外からのお客さんのガイドが増えつつある。同じ目線で観光の問題を考えるには、自分たちが旅行者として海外に出かけることが一番。個人旅行で他国を旅する上での不安や喜びや楽しみを身をもって体感する。ガイドのみならず、我が国や地域の観光振興の課題点もよくわかる。
紀元前312年に着工されたローマから地中海への道、アッピア街道
英国コッツウォルズ、ブロードウェイの牧場を歩くフットパス
最初のイタリアでルネサンスの名画に出会う(フィレンツェ、ウフィツィ美術館)
欧州の美術館はほとんど撮影自由。名画とツーショット。(アムステルダム美術館)
ベルギーの古都ブリュージュの運河観光船。四か国を操り途切れなく笑いをとるガイド
英国湖水地方でネイチャーガイドの半日ツアー。ガイドが自家用車で案内。

知床・根室でバードウォッチングツアー

野付半島の先端部から知床半島を一望する。野鳥のパラダイス!

英国ソールズベリー近郊の街から来た、男性を案内して釧路・羅臼・野付・根室を2泊3日のバードウォッチングツアーをして来ました。彼は野鳥に関して非常に詳しくほとんどの鳥を詳細に認識できるバードウォッチャーです。
おもなスケジュールは…、
1日目、釧路を発って、鶴居音羽橋、サンクチュアリ、鶴居村周辺。その後屈斜路湖に向かいハクチョウ観察。中標津を経由して羅臼町「鷲の宿」に宿泊。シマフクロウを観察。
2日目、羅臼周辺を観察の後、野付半島で 観察。風蓮湖の湖岸にある民宿風蓮に宿泊。
3日目、予定していた落石クルーズが悪天のために欠航。明治公園で観察、温根元ハイドで観察後、納沙布岬に移動。納沙布岬から鶴居村まで移動し観察後、釧路空港にて終了しました。

天候は全行程ほぼ好天でした。特に2日目は快晴、道東の山並みを一望できる景観は私もそう経験できるものではありません。しかし、最終日は前夜の降雨、降雪により路上がアイスバーンとなりかなり厳しい路面状態でしたがなんとか無事終了しました。
彼のお目当ての鳥は一番にエゾフクロウ。それにシマフクロウ他初見の鳥を見ることが最優先。結果として総数71種類。内、初めての鳥は約10種類でした。
特にシマフクロウは「鷲の宿」での夜間観察ではなかなか現れず、午後4時から待って11時30分にやっと登場してホッとしました。
また野付半島は先端部から歩いてさらに30分進むと開口部分の水面に水鳥が集結し、コクガン、ホオジロガモ、ハクチョウ、ウミアイサなどが集結し、さらに陸上部ではユキホオジロを観察することができました。
根室の明治公園では記録の少ないナキイスカとギンザンマシコのメスをゲット。

エゾフクロウは初日見ることができず、道中4箇所の観察ポイントも全て駄目で「何とか見たい!」との彼からのリクエストは日に日にプレッシャーとなり、最後にまた、釧路でトライすることにしました。
結果は、バッチリ!!! 最後の最後にお目当ての鳥に出会えて、最高でした。
英国のバードウォッチャーはこういう最大の喜びの時は、「Bonanza!」(ボナンザ!)といいます。
ツアー後、彼からのメールには最大の賛辞と、「北海道に恋におちた。既に再訪の用意をしている」と書かれていました。
私はガイドの身でありながら、彼から実に多くの野鳥の識別を教えてもらい、大変充実し学びの多い三日間のガイドでありました。
授業料を払ってもいいくらい(笑)

バードウォッチングの聖地巡りバスツアー

根室バードウォッチング日帰りバスツアー
オオワシ↑オジロワシ
早朝の音羽橋

今冬(来年)は釧路観光コンベンション協会と根室観光協会が連携して、こんな素敵な日帰りバスツアーが行われます。「釧路・根室バードウォッチングの聖地を巡るバスツアー」の紹介情報です。
鳥のメインは冬鳥といわれるシベリアからやってくる北の旅人(旅鳥か?)たちです。オオワシ、オジロワシ、オオハクチョウはじめ、シロカモメ、ワシカモメ、コオリガモ、クロガモ、シノリガモなどの海鳥たち。そしてシマエナガ、ハシブトガラ、カケス、アカゲラなどの常連さんも楽しめます。もちろんタンチョウも翌日の釧路では、音羽橋での川に約3百羽ほどのタンチョウが羽を休ませている絶景や阿寒国際ツルセンターで給餌時間に飛翔してやってくる優雅な姿を堪能できます。
根室では何箇所かハイド(Hide :観察小屋)に行きます。納沙布岬のそれは我が国の最東端の工作物です。鳥だけでなくアザラシなんかも登場。温根元のそれは、日本百名城になっている「オンネモトチャシ」の隣です。ここからは鳥だけでなく国後島のロシア正教会なんかも見えます。何んともいえない風景です。


通常、釧路からの汽車往復+納沙布までのバス往復に昼食1500円を加えると9400円かかります。これがガイド付きで参加料が12000円!何故安いか、モニターツアーだからです。ちょっとアンケートを求められますが、1日で根室まで行って、野鳥観察のみならず日本百名城や納沙布岬なども回れるなんて…。
さらに、翌日の釧路タンチョウ編もあわせると通常12000円+5000円が14000円になる。計算ミスではありません。3000円デスカウントです。私もガイドでお手伝いします。皆で行きましょう!根室へ!!よかったら翌日の釧路も!!!

【主催】釧路観光コンベンション協会 【協力】根室観光協会
【開催日時】2020年 2月8日(土)根室編:1日バスツアー
2月9日(日)釧路編:午前中バスツアー
2月15日(土)根室編:1日バスツアー
2月16日(日)釧路編:午前中バスツアー
2月22日(土)根室編:1日バスツアー
2月23日(日)釧路編:午前中バスツアー
【詳細情報/参加申し込み】はこちら