「極東野鳥ノート」カテゴリーアーカイブ

冬の国際ツルセンター「グルス」は人も鳥も大賑わい

ハクチョウの咲く山林
ハクチョウの咲く山林

タンチョウの給餌場で研究センターの役目も果たす阿寒国際ツルセンター「グルス」はカメラマンやバードウォッチャー、観光客で大賑わいです。
この給餌場の特徴は、午後2時から魚の給餌をおこなうことです。これを目当てに、タンチョウはじめ、オジロワシ、トビ、オオワシなどの猛禽類も集まり、
それを撮影するカメラマンも世界から集まって、さながらアウトドア国際会議場の様相です。
私もお客様をご案内して行きますが、この日は、常連に加え、ハクチョウやマガモさらにはキツネ君も登場し、さながら北方動物園のようでした。2月一杯まで給餌活動が続きます。

キツネ君も登場
キツネ君も登場
オジロワシのなる木
オジロワシのなる木
タンチョウのなる畑
タンチョウのなる畑

 

野鳥の楽園で鳥三昧の2日間をエンジョイ+ガイド

世界的スター、オオワシは憧れの鳥No.1!
世界的スター、オオワシは憧れの鳥No.1!

2016根室バードランドフェスティバルのガイドスタッフとして1月30.31日参加してきました。前年が凄まじい吹雪で全てのガイドツアーが中止という試練をこえて、今年は快晴好天となり、全てのガイドツアーが催行されました。

完全耐寒装備でいざ、ツアーに出発!
完全耐寒装備でいざ、ツアーに出発!

私は港やハイド(観察小屋)巡りのツアーガイドで参加者の憧れの鳥などに出会うお手伝い役ですが、そこは自然が相手の世界、なかなかおもう様には行きません。
根室のバーダーの話では、今年は少し鳥の出がおもわしくないとのことですが、しかし、野鳥の楽園・根室らしく、オオワシやオジロワシなどのビックスターから、ユキホオジロ、ハギマシコ、チシマシギなどの名脇役、さらにはハイブリット(混血種)の珍客まで登場、期間中80種に及ぶ野鳥が観察されました。
メイン会場では物産や野鳥活動団体、メーカー、さらには講演会や地元ジャズバンド演奏、イベント等の催しも賑やかな2日間でした。
来年は10回目ということで関係者も張り切っています。是非、来年はご一緒したいですね。

チーズ、クッキー、珍味類などこれまでにない若いセンスにあふれた物産コーナー
チーズ、クッキー、珍味類などこれまでにない若いセンスにあふれた物産コーナー
根室のチーズはパッケージも野鳥デザイン
根室のチーズはパッケージも野鳥デザイン
クッキーも鳥型、素材も道産素材にこだわり
クッキーも鳥型、素材も道産素材にこだわり
トーサンポロ沼には淡水カモたちの群れ
トーサンポロ沼には淡水カモたちの群れ
道外の方には憧れの海カモであるコオリガモのペア(左♀)
道外の方には憧れの海カモであるコオリガモのペア(左♀)
珍客ハイブリッド(混血種)のカモちゃん。図鑑には出てこないぞ!
珍客ハイブリッド(混血種)のカモちゃん。図鑑には出てこないぞ!
ハイドという観察小屋からアカゲラをじっくり
ハイドという観察小屋からアカゲラをじっくり
北海道のカケスは亜種でミヤマカケスといい頭が茶色
北海道のカケスは亜種でミヤマカケスといい頭が茶色

昆布森漁港で手軽にバードウォッチングを楽しむ

 

昆布森漁港の堤防から湾内を臨む
昆布森漁港の堤防から湾内を臨む
ハジロカイツブリはルビー色の目が光ります
ハジロカイツブリはルビー色の目が光ります

釧路市から根室にかけての海岸線は「北太平洋シーサイドライン」と称して、断崖の海岸線に漁港集落が点在して風光明媚なエリアです。アイヌ地名に漢字を当てはめてるため、難解地名の宝庫でもあります。
たまに我が家から散策やバードウォッチングに出かけますが、冬は港や海岸で海鳥を手軽に観察できるところでもあります。特に、昆布森漁港はコンパクトな漁港ですが岸壁や堤防沿いに観察箇所があって、両岸の崖地にもワシ類を見る事ができます。今日は、釧路市よりの集落をご案内。

・又飯時(マタイトキと読みます)アイヌ語の意味は:海の背の荒いところ
・宿徳内(シュクトクナイ)意味:エゾネギの群生している沢

難解地名のサインです。「マ」が抜けています。
難解地名のサインです。「マ」が抜けています。
百メートル前後の丘陵地から海岸に降りる坂
百メートル前後の丘陵地から海岸に降りる坂
マタイトキの海岸線
マタイトキの海岸線
シュクトクナイはヘアピンカーブで海岸に降りていきます。
シュクトクナイはヘアピンカーブで海岸に降りていきます。
沢は水路になっていますが、エゾネギは生えるのでしょうか
沢は水路になっていますが、エゾネギは生えるのでしょうか
穏やかな湾内には海鳥が(昆布森漁港)
穏やかな湾内には海鳥が(昆布森漁港)

あかぬ鳥・タンチョウ

otowabashi
中州の浚渫でケアラシのなかのタンチョウが一段と幻想的

根室の野鳥観光ビジネススクールに入れていただき、英語で野鳥ガイドをする勉強をしている。この研修授業でタンチョウの探鳥地めぐりをした。
あたらめてタンチョウの美しさと多様なタンチョウの活動を観察することができた。また、鶴居村ではタンチョウと人(酪農家や観光関係者)の関係を巡る諸問題を学ぶとともに、タンチョウを巡る産業観光とでも言ったらよいのか、現地視察も出来、ガイドにとっても大きな糧を得ることができた。
11月に入ると給餌が始まるが、今年からタンチョウの分散化を目指して、給餌量を1年1割ずつ減らし、5年後には半分にする計画がスタートするそうだ。順調に個体数を増やしている(推定で1500羽ほど)現状で、集中化による弊害と自立を促すため生息地分散を図る目的だそうだ。
関係者は周辺農家への被害を危惧していたが、タンチョウと人との関係性を試されることになるかもしれない。
そんなタンチョウではあるが、日の出の音羽橋は、いつきてもこの鳥の美しさを再認識させる光景がひろがり、しばし寒さを忘れるホットスポットだ。
幕末の探検家・松浦武四郎は阿寒岳を「あかぬ山」と称し、いつまでも見飽きない<あかぬ山>として、その魅力を表現した。それに習えば、さしずめタンチョウは<あかぬ鳥>であることは間違いない。

高台から音羽橋と雪裡川を遠望する
高台から音羽橋と雪裡川を遠望する
遅生まれの幼鳥。おそらく7月から8月生まれ。
遅生まれの幼鳥。おそらく7月から8月生まれ。
雪裡川のねぐらは日の出ころにはケアラシのなかのタンチョウが群れる
雪裡川のねぐらは日の出ころにはケアラシのなかのタンチョウが群れる

羅臼岳は二つあった?

遠くに見えるのが国後島の羅臼山です。
遠くに見えるのが国後島の羅臼山です。

根室半島をバードウォッチングの研修で回ってきました。世界の愛鳥家が絶賛する海鳥たちのパラダイスは国境の海でもあります。最近、根室の愛鳥家たちの尽力で岬の突端に野鳥観察小屋(ハイド)が出来、これまでは厳冬のなかだと耐寒訓練もどきのバードウォッチングだったのが、快適に観察でき、ここで観察される海鳥の種類も増えたそうです。
今回、岩礁にとまっているウミウやヒメウを見ていたら沖合い遠方に白く雪を被った山が見えました。根室の方に聞くと「羅臼岳です」とのこと。「知床の?」「いや、国後の」「へぇ~」。恥ずかしながら、国後島に羅臼岳という山があったことを知らず、爺爺岳(チャチャ岳)だけしか頭にありませんでした。「2つの羅臼岳があるんだぁ!」。正確に言うと、知床は羅臼岳(1660m)、国後は羅臼山(888m)というようです。
高さは知床に及びませんが、雪を被った成層火山の凛々しい姿は誠に見事なものでした。まだまだ気がつかないことがこのエリアには無尽蔵にありそうです。

ウミウ、ヒメウなどが岩礁に。
ウミウ、ヒメウなどが岩礁に。
ノサップにはアイヌが弾圧に対して蜂起したクナシリメナシの戦いで亡くなった和人の慰霊碑もあります。
ノサップにはアイヌが弾圧に対して蜂起したクナシリメナシの戦いで亡くなった和人の慰霊碑もあります。
今シーズン初のオオワシです。ピンボケなのが臨場感。
今シーズン初のオオワシです。ピンボケなのが臨場感。

なぜ、ニホンライチョウは北海道にいないのだろう?

IMG_0143

ハイマツからあたりを見回す
ハイマツからあたりを見回す

北アルプス登山の野鳥的醍醐味はライチョウとの出会いである。3年前、剱岳立山縦走登山で台風のなか、ライチョウに出会い、悪天候こそライチョウに出会えるものとおもっていた。今回、常念山脈縦走では、好天に恵まれ、まったくライチョウのことは頭になかったが、燕岳山頂周辺でなんと人をおそれぬライチョウの雌と戯れることができた。この時期、クロマメノキやフレップ、ガンコウランなど採餌に最適な季節ではあるが、あまりにも人を恐れぬライチョウで、山小屋のスタッフに聞くと、「燕岳のライチョウは他より人を恐れないんです」と実証的な回答。
物の本によると、日本を南限にユーラシア、北極圏などに生息するなかでも日本のライチョウは人を恐れない、若しくは人に虐められていない、人懐っこい野鳥なのだそうだ。
ライチョウは日本固有種の亜種ニホンライチョウで日本アルプス高山地帯にのみ生息している。

阿寒の林道で見かけるエゾライチョウ
阿寒の林道で見かけるエゾライチョウ

北海道にはエゾライチョウというこれまた北海道のみに分布しているものがいるが、こちらは同じライチョウ科でもライチョウ属にたいしてエゾライチョウ属で違う仲間に分類される。
ライチョウが冬毛代わりして真っ白の保護色になるのは有名だが、エゾライチョウは年中同じ羽色である。どちらも美味しい鳥のようで、エゾライチョウを食べた話は阿寒でよく聞いた。今でもエゾライチョウは狩猟鳥になっている。欧州ではクリスマスに七面鳥を食べる前はこのエゾライチョウを食べていたそうだ。
阿寒の林道で春先など幼鳥を連れたエゾライチョウを見るのは比較的容易である。ニホンライチョウが高山志向に対して、エゾライチョウは里山志向なのである。

目の上にオレンジ色の肉冠がみえる
目の上にオレンジ色の肉冠がみえる

今回、ニホンライチョウの雌にも肉冠(トサカのことです)があるのを発見した。近づいてきてひょんな調子に興奮したのか、その肉冠が色鮮やかに肥大した。雄の肉冠は肉感的に大きいが雌もあるんだねぇ。
ちなみに、私の最大の謎は、氷河期の生き残りと言われ、大陸から渡ってきたライチョウがなぜアルプスには残って、北海道には残らなかったのかということだ。日頃、釧路湿原の異存種(レリック)たちを紹介しているが、温暖期に移行するなかでより寒冷な北海道にライチョウが残らなかったことが不思議だったのである。
山小屋の図書室でライチョウ関係の本で調べてみた。そこには、「北海道に残らなかったのは不明である」とあった。ライチョウは約3千羽ほどで岐阜県、富山県、長野県の県鳥であり国の特別天然記念物である。我が北海道の鳥はタンチョウ、こちらも全世界の生息数は約3千羽、同じく国の特別天然記念物である。
天の配置はなんとも魅力的な棲み分けをみせてくれる。

IMG_0145
こんなに距離が近い!
こちらはイワヒバリ。北海道にはほぼいないことになっている。
こちらはイワヒバリ。北海道にはほぼいないことになっている。
ルリビタキの雌。登山中の針葉樹林帯に多い。
ルリビタキの雌。登山中の針葉樹林帯に多い。
ハイマツの実をむさぼるホシガラス。北海道でも元気。
ハイマツの実をむさぼるホシガラス。北海道でも元気。

6月の阿寒の山で…

新緑の空を見上げる八百年カツラ
新緑の空を見上げる八百年カツラ

今年は例年になく雪が多かった阿寒ですが、6月に入って山はどんな感じでしょう。6月7日に行われる「阿寒ハイキング&バイキング」の下見に阿寒の森を歩いてきました。やはり多雪の影響か、森の中やスキー場などでは早春を飾るヒメイチゲなどがやっと開花、新緑の草花が木漏れ日を浴びて春を満喫しているようでした。釧路への帰路に例年、ショウドウツバメのコロニーが出来る土手に寄って見ると今年もやってきていました。ここは土砂採取場なんですが、いつもショウドウツバメの繁殖期間は採取をしていないようで、所有者の善意なんでしょうか。ともわれ、今年も無事、子育てができることを祈るばかりです。

 

私たちの旅スタイル~東北(飛島・出羽三山・山寺)

飛島は主に東南アジアで越冬した野鳥が繁殖のため北方圏で向かう途中に立ち寄る山形県沖の島です。
飛島は主に東南アジアで越冬した野鳥が繁殖のため北方圏で向かう途中に立ち寄る山形県沖の島です。

あまり特別なことはないのだけれど、私達の旅スタイルを今回の5泊6日東北旅行でご紹介します。
今回の旅の目的は、仕事も兼ねて山形県日本海の飛島(とびしま)という渡り鳥の中継地で根室の仲間と一緒に、バードウォッチャー達に道東を宣伝することです。そして、山好きとして出羽三山(羽黒山、湯殿山、月山)巡りと山寺(立石寺)参詣をあわせた旅です。

飛島へは酒田港からフェリーで1時間15分ほど。けっこう欠航する。
飛島へは酒田港からフェリーで1時間15分ほど。けっこう欠航する。

1)いろいろな乗り物に出会う旅:離島や山などけっしてメジャーではない処を廻るにはおのずと交通手段をどうアレンジするかが課題です。ネットの検索サイトは本当に役に立つ。今回も、自家用車(釧路→新千歳空港)、飛行機(新千歳→秋田空港)、列車(ローカル線、新幹線、夜行急行等)、レンタカー、路線バス、連絡船を取り混ぜての旅。移動する楽しさを満喫しました。

 

※今回の教訓:離島観光を取り入れる場合はスケジュールや予約はあまりかっちりとしないこと。今回も飛島の帰り便が欠航になり、その後の予約変更を余儀なくされるところでした。事前のカード決済も慎重に。

無料循環バス。観光地での現地サービスもチェック。私たちはリュックが基本。
無料循環バス。観光地での現地サービスもチェック。私たちはリュックが基本。
飛島は南北2kmほどの小さな島で無料自転車で移動
飛島は南北2kmほどの小さな島で無料自転車で移動
今回は空路で東北入り、陸路で帰る、久しぶりの急行ハマナス
今回は空路で東北入り、陸路で帰る、久しぶりの急行ハマナス

 

 

 

 

 

 

 

2)どこに泊まる?:宿泊はネット予約が中心ですが、あまりこだわりがないので、易くてコストパフォーマンスのよいビジネスホテルもよく使う。山などは選択肢のない場合がほとんどなので、多種多彩の宿泊環境を楽しむ余裕も必要。まだ宿坊体験がないので是非次回は。

※今回の教訓:安くてよい、という姿勢もほどほどに。古いものが好きだけど、古いと汚いは違いますよね。

青えんどうの色鮮やかな「ずんだ餅」
青えんどうの色鮮やかな「ずんだ餅」

3)何を食べる?:美味しいものは人に聞く。美味しい食事に出会った時は作った人にそれを伝え、あわせたグルメ情報を引き出す。飛島は漁業8割、観光2割で2百人ほどの離島。宿食には島ならではのものもあり女将さんに解説いただく。他の島では食べないが飛島では食べる海草もあり、風土はフードなんだなぁ。

※今回の教訓;シティーホテル利用時は街食なので、山形市では郷土料理屋さんへ。全国チェーンの居酒屋ではなくて、地元ならではのリーズナブルな料理店を探すのはなかなか難しいが、今回は当り。山菜をたっぷりいただき、料理人からは嬉しいサービス品も。「これは何」とか「旨い!」とか、声がけが大事。こういう店では、メニュー品より、予算をしめしてお任せしたほうがいいかも。「どちらから?」「北海道です」「へぇ~!」。
こういうときは北海道に生まれてよかった、とおもう。

山形名物「板そば」これで1人前だが2人分あり。
山形名物「板そば」これで1人前だが2人分あり。
山菜の時期で、タケノコが旬の味わい
山菜の時期で、タケノコが旬の味わい
糖尿病の私には嬉しいおやつ「力こんにゃく」
糖尿病の私には嬉しいおやつ「力こんにゃく」

 

 

 

 

 

 

こちらは蕎麦ではなくて、「麦きり」といううどんに近い名物
こちらは蕎麦ではなくて、「麦きり」といううどんに近い名物
デパ地下の店じまいセールで地元惣菜を半値ゲット。これが夕食の場合も
デパ地下の店じまいセールで地元惣菜を半値ゲット。これが夕食の場合も

 

 

 

 

 

 

飛島ではさっそくバードウォッチング、滞在中30数種類を確認。
飛島ではさっそくバードウォッチング、滞在中30数種類を確認。

4)何を楽しむ:私たちのような自然好きには、何処に行っても、その土地や時季の野鳥、野草、樹木などに会えるので、旅先で珍しい(私たちにとって)ものに出会った時の記憶は、その旅を印象付ける。今回の飛島は残念ながら野鳥はあまり豊作ではなかったのだが、野草や常緑広葉樹林なども会わせて充分魅力を堪能できた。羽黒山参道ではアカショウビンの囀りに聞ほれた。小さな双眼鏡を是非、旅の携帯品に。

※今回の教訓:酒田市のアートは充実。土門拳記念館と酒田市美術館はいずれも市立で10万都市でよくぞここまでという造り。さらに美術館では有元利夫の回顧展開催中で、ラッキー!
旅先でのアートチェックも忘れずに。思わぬ幸運に巡りあることもあるかも。

 

樹を見て文化に浸る、羽黒山参道と五重塔
樹を見て文化に浸る、羽黒山参道と五重塔
湯殿山神社の本宮はこの先。写真撮影禁止であるがゆえに期待ふくらみました。ご神体は酸化鉄で赤褐色の巨岩。
湯殿山神社の本宮はこの先。写真撮影禁止であるがゆえに期待ふくらみました。ご神体は酸化鉄で赤褐色の巨岩。
羽黒山2千、山寺1千、往復6千の石階段を歩く。
羽黒山2千、山寺1千、往復6千の石階段を歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、何時もお客様の立場でご案内できるガイドになるために、年に1度は、観光客として各地におもむくのも修業の一つであります。

春採湖で春をトル

IMG_0051
春採湖と博物館をバックにオニグルミの羊顔

 

釧路市民の憩いの水辺、春採湖で春を撮ってきました。1周約4kほどで植物も多く、野鳥の宝庫でしたが最近はどういうわけか、野鳥のほうは寂しくなりました。とはいえ、常連のオオバン、早めのカワラヒワ、さらにはノビタキ(写真なし)もいました。湖面では百を超えるカワアイサの群れが北帰行の途中に立ち寄って休憩しているのではないかとおもいます。一斉に潜水しまた一斉に浮上する動作を繰り返していましたが、きっと集団ストレッチに違いありません。
南向きの斜面にはエゾエンゴサクが咲き誇り、湖岸はフキノトウやバイケイソウの芽吹きが全国唯一の石炭列車の線路脇も飾っています。エゾヤマザクラはまだ頑なに芽を閉じ、5月をまっています。オニグルミは変身の用意万端、ハマナスも地味だけと芽も赤いところを見せてくれてます。春採湖は、昔は春鳥ともいいましたが、今日は、私の春撮湖でした。

IMG_0064
石炭運搬列車が散策路と併走します
IMG_0036
沼尻川河口にはコイの群れ
IMG_0029
カワラヒワがさえずっていました。なかなかの美声
IMG_0003
常連のオオバンはここで繁殖
IMG_0143
プレーの準備に思案顔
IMG_0133
エゾエンゴサクとバイケイソウの花園オープン
IMG_0112
マガモの夫妻。雄の尾羽の巻き上げに注目
IMG_0059
ハマナスの芽吹き。やっぱりハマナス色
IMG_0068
エゾヤマザクラは硬く芽を閉ざし
IMG_0087
①百羽をこえるカワイアサの群れ
IMG_0088
②一斉に潜水
IMG_0089
③また一斉に浮上を繰り返す

 

釧路湿原早春賦

IMG_0026
何をついばむヒシクイさん。(鶴居村)

▸山花、鶴居、コッタロ、塘路と釧路湿原をぐるっとドライブしてきました。早春です。行く冬と来る春が同居しているような、どこか居心地の悪そうな、そんな季節です。
▸鶴居の牧草地にヒシクイの群れが休んでいました。これからシベリアに向かうのでしょうか。オレンジ色の脚を伸ばしてのんびりと草を食んでいるようでした。釧路川河畔にはエゾシカの親子連れが人なれしているのか、アップ撮影に応じてくれました。
▸塘路湖は湖岸に柔らかな氷がまだ残っている中、オジロワシの若鳥が数羽たむろしていました。北へ帰るのか、ここに留まるのか、考えあぐねているようでした。
▸湖岸にはフキノトウが芽吹き、柳が花を咲かせています。上空をオオハクチョウが編隊をつくって飛んでいきました。

IMG_0065
さびしげな、たよりなさげなオジロワシ(塘路湖)
IMG_0058
湖岸を彩るフキノトウ(塘路湖)
IMG_0040
釧路川、早春の流れ
IMG_0031
道内でシカ被害がおっとも多い釧路。貴方のせいではありませんが…
IMG_0018
オレンジ色の脚が特徴。ヒシが好きだからヒシクイ?