■今年は北海道が命名150年を迎え記念のイベントが各地でおこなわれています。当舎も北海道・釧路命名150年武四郎まつり実行委員会の事務局を仰せつかり、7/28から8/5までの資料展「松浦武四郎・久摺日誌の世界」のポスター、チラシづくりから資料展展示物の作成と大忙しの毎日。
釧路の実行委員会は資料展と秋にお祭りイベントを開催します。
資料展では幕末の蝦夷地探検家であり、北海道の名付け親でもある松浦武四郎の釧路地方の足跡をメインに、武四郎スピリッツを継承した今につながる様々な活動を紹介します。また、16回に及ぶリレートークも実施。毎日来ても飽きない8日間にしたいとおもってます。乞うご期待!

■講師の都合により武四郎リレートークの内容一部変更。7/29 15:00からは資料展示解説会をおこないます。また、関屋敏隆さんの絵本『北加伊道』の読み聞かせ会が「朗読サークルVEGA」さんたちにより8月4日(土)11:00から、『久摺日誌』の朗読会が「ジス・イズ朗読会」により8月5日(日)11:00から行われます。多面体武四郎を多様に表現するイベントになります。お楽しみに!