マユミは真弓、弓に柄につかわれる良質材

マユミが咲いた。秋にピンクの美しい実はご存知とはおもうが、花はなかなか気づかない。マユミは真弓で、弓の材料につかわれるそうだが、アイヌは杓子や小刀の柄、祭事用のイクパスイ(捧酒箸)にも使われるそうだ。写真は阿寒アイヌコタンのマチネシリ共和国の平間さん作ペーパーナイフ。わが舎の愛用品です。アイヌ名はカスプニ。

加工しやすいけど固くて綺麗な材質がマユミの特徴だ

マユミはあまり大きくならないので住宅地の遊歩道に結構あります

マユミは雌雄異株だそうで、これはどちら?