釧路湿原、阿寒・摩周の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。
  • オープニング
  • ようこそ東北海道へ
  • 自然の不思議
  • 新しい旅を創ります
  • 人と自然の共生をみつめて

■極私的クスリ観光解説

■湿原の縮図ここにあり、生き物たちの楽園ヤチボウズ■■■

●我がクスリ凸凹旅行舎の屋号の凸は湿原のヤチボウズを意味しております。ちなみに凹はヤチマナコ。湿原を代表する二つのオブジェクトは時に愛嬌たっぷりに、時に恐怖の顔を私たちに見せてくれます。 ●ヤチボウズはおもにスゲ類の植物 …

■アイヌ文化を発信し続け65年、阿寒湖にアイヌコタンあり■■■

●阿寒湖温泉の一角に、木彫りや飲食店で形成された北海道最大のアイヌコタンがあります。住民約130人ほどが30店舗ほどの商店街と中心に民族舞踊専用劇場であるイコロがあります。北海道最大ということは、日本最大であり、かつ世界 …

■和をもって商い重ね幾歳月、私と同じ歳の和商市場■■■

●創設が1954年なので私と同じ65歳。老齢年金が支給される歳です。和商市場も空き店舗が目立ち、少々先行きが不安ですが、まだまだくたばるには早すぎます。 ●昭和30~40年代は釧路駅を中心に街の賑わいは形成され、近郊の炭 …

■旨い魚は北の港にあり。炉端発祥の地、釧路■■■

●仙台の野菜炭火焼きがその元祖で、釧路の新鮮、豊富な魚をつかった炭火焼の店が定着しました。 ●私は市役所に入所した最初の職場が中央卸売市場で次の職場が魚揚場でした。1970年代から80年代の釧路港が日本一の水揚量を記録し …

■屋台で育ち、市民に愛され、釧路ラーメンは魚河岸の味■■■

●釧路ラーメンは「北海道遺産」に登録されている「北海道ラーメン」のひとつです。函館の塩味、札幌の味噌味、旭川の魚節味とともに、細い縮れ麺とカツオ醤油出汁のあっさりした飽きない味わいが釧路ラーメンの特徴です。 ●その出自は …

●ブログ凸凹日誌●●●●●

春の訪れ

春採湖湖畔を散歩。エゾエンゴサク、キバナノアマナなど春の草花が咲き始めて、夏鳥第一便のノビタキ、オオジュリン、カワラヒワたちがさえずっていました。 湖水には渡るのをやめたのか、カワアイサが寂しげに数羽。散歩道にそった臨港 …

渡りの季節

渡りの季節を向かえ、釧路川にも水鳥たちが集まってきました。3月下旬から4月にかけて次々と繁殖地の北の故郷に向かいます。ひと時の休息をする水鳥たち。スズガモ、キンクロハジロ、ウミウ、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロ …

十勝でスペシャルなバードウォッチング

3月22日に十勝の豊頃町育素多沼から浦幌町三日月沼周辺でガン類メインにバードウォッチングをしてきました。冬と春が重なるこの時節は冬鳥たちの渡りの季節でもあります。おもにシベリア方面の故郷に帰る野鳥たちは、オオワシ、オジロ …

日誌からみる武四郎の人となり

■ドナルド・キーンが亡くなって、あらためて 『百代の過客<続>』 を読み直し、氏の日本における日記文学への深い眼差しに興味惹かれた。 キーン氏は同書に武四郎を取り上げ、 「アイヌ民族の権利の、力強く、そして説得力のある擁 …

-25℃極寒の釧路の朝

2019年2月9日。 釧路湿原極寒の朝。-25℃の世界。みんな寒そう~。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

↓ガイドの可能な日↓

ガイドメニュー
プロフィール
仲間たち
凸凹日誌
  • facebook

訪問ありがとう

  • 151321総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • カウント開始日:
PAGETOP
Copyright © クスリ凸凹旅行舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.