釧路湿原、阿寒の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。
  • オープニング
  • ようこそ東北海道へ
  • 自然の不思議
  • 新しい旅を創ります
  • 人と自然の共生をみつめて

今日の一枚
 

釧路新聞に今年の阿寒クラシックトレイルの行事案内掲載。お申し込みはこのサイトから。

阿寒クラシックトレイル2017年開催はチラシをご覧下さい。
●「里の道」の詳細解説は『旅する阿寒』よりご覧下さい。
阿寒クラシックトレイル全行程図はこちらです



 

 

 

 

 

 

安全で楽しいプログラム実施のためにご一読ください

クスリ凸凹旅行舎安全管理マニュアル      お客様へ事前準備事項

↓↓↓自然散策のおともに釧路湿原と阿寒のガイドシートを作成しました↓↓↓

「阿寒ガイドシート」は画面をクリック

凸凹湿原パンフ2

「湿原ガイドシート」は画面をクリック

●ブログ凸凹日誌●●●●●

素敵なキノコの本はいかが!

阿寒湖畔で自然ガイドをしているキノコ写真家新井文彦さんの新著『森のきのこ、きのこの森』(玄光社刊)を著者サイン入りでゲット。美しいキノコの写真、著者のキノコ愛が伝わる文章、丁寧な解説、斬新なブックデザイン、キノコに手の届 …

湿原に蝶が舞う

この時期、夏から秋にかけて湿原の花が咲き誇っていますが、その花に多くの蝶が集まっています。ドクゼリの花に集うヒメシジミ。ブルーの翅は雄、茶色の翅は雌です。裏翅の文様もよくわかります。湿原では、ハンノキを食草にするミドリシ …

北のアルプ美術館in知床斜里

両親の実家、私の古里・知床斜里に行くと立ち寄るのが「北のアルプ美術館」。昭和30~50年代にかけて山岳雑誌「アルプ」を発刊するなど登山家、詩人、哲学者、エッセイストとして活躍した串田孫一(1915-2005)の資料を集め …

親類歓迎小旅行で道東のネイチャーツアー

東京からの親類歓迎小旅行で道東のネイチャーツアーを企画催行。普段、仕事でおこなっているガイドメニュー以外のなかなかこのシーズンには行けないメニューをとり揃え、私も一緒にお客さん目線で楽しんできました。阿寒湖の湖上カヌーは …

今年の夏は昆虫採集だ!

ガイド仲間が持っていた虫取り網がほしくて、ついにゲット!今年の夏は昆虫採集。さっそく出来のよい昆虫図鑑も手に入れて、雨上がりの庭に来た蝶をショット!…ベニシジミの春型と夏型の中間型か…。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

↓ガイドの可能な日↓

ガイドメニュー
プロフィール
仲間たち
凸凹日誌
  • facebook

訪問ありがとう

  • 65718総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 2014年5月17日カウント開始日:
PAGETOP
Copyright © クスリ凸凹旅行舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.