新緑のなか、阿寒クラシックトレイルの「山湖の道」を歩くイベントを実施しました。山湖の道は、阿寒クラシックトレイル全行程60kmの最後の山越えの道(約10km)です。昭和初期に阿寒湖畔と釧路の間に自動車が走るようになるまで、阿寒湖畔へは歩いて、又は馬に乗ってこの峠を越えました。「山湖の道」は前田一歩園の許可を得て、林道を歩きます。原生の雰囲気をとどめるイタルイカから、植樹の森を経て、湖水の島巡り、そして最後はまち歩き。写真で雰囲気をお伝えします。

_DSC0712

さあ、出発です。(イタルイカ)

_DSC0719

湧き水で一休み、旨い!

_DSC0723

松浦武四郎やアイヌ地名を解説

_DSC0739

アイヌ伝統料理ユックオハウ(シカ汁)で腹ごしらい

_DSC0764

ムックリとウポポ(唄)の演奏でほっこり

_DSC0801

まさに新緑の古道を歩きます

_DSC0816

マリモ展示観察センターでしばらくぶりにマリモに対面

_DSC0829

最後はアイヌコタンで締め。武四郎の宿泊地もこのあたり。