温根内木道の先端部が高層湿原(ミズゴケ湿原)です

高層湿原又の名をミズゴケ湿原といいます。貧栄養で寒冷、弱酸性という厳しい生息環境に小さな植物たちが息づいています。本州では高山植物の仲間になるこれらの植物を釧路湿原の温根内木道の先端部にいくと出会うことができます。現在、エゾイソツツジ、ヒメシャクナゲ、ワタスゲ、コツマトリソウなどが開花しています。

ワタスゲの綿毛は湿原の代表的なお飾り

ヒメシャクナゲは小さいけどピンクの花が発見の目印

厳しい環境のなかで咲くエゾイソツツジ

コツマトリソウ。たった一輪発見。これからですね。