我が舎の庭に最初にメジロが姿を現したのは5月の中頃。初めての訪問に驚きましたが、その後、ちらほらメジロが庭のヒバの木あたりを行き来するので、様子を見るとカップ半球の巣がありました。抱卵したのか、確認できないまま、単眼鏡(20倍)で観察をはじめたところ、6月5日にヒナに餌をやるところを確認しました。ヒナの数は3つ。親鳥が交互に餌を運んでいます。その後、もっと巣が覗ける場所を探して、2階から窓越しに単眼鏡とカメラを設置して観察を続けています。抱卵期間は約11日、孵化後10~12日で巣立ちということなので、
・5月25日頃 出産
・6月5日 孵化
・6月15~17日 巣立ち
こんな予定ですが、何せ巣立ち直後にカラスなどの外敵にやられることが多いようで、これからが心配です。なんとか無事、巣立ってくれるのを祈ってます。

これが最初にメジロを撮影したものです。宅地を物色中。

これが最初にメジロを撮影したものです。宅地を物色中。

単眼鏡で確認

単眼鏡で確認

真ん中のヒバの木が営巣木です

真ん中のヒバの木が営巣木です

1日毎に成長が確認できます。3羽見えますか?

1日毎に成長が確認できます。3羽見えますか?

巣は細かな枝やビニールのような繊維もあって居心地よさそう

巣は細かな枝やビニールのような繊維もあって居心地よさそう

雨の日も親の給餌は変わりません

雨の日も親の給餌は変わりません

巣のゴミを外に持ち出します

巣のゴミを外に持ち出します

片方の親鳥は蓋をした感じでヒナを保護します

片方の親鳥は蓋をした感じでヒナを保護します