岸壁中腹に登山道(作業道)が削り造られた

岸壁中腹に登山道(作業道)が削り造られた

恒例のガイド研修、今年は5年越しの念願、黒部峡谷「下の廊下」を歩きました。戦時の電力開発を支えた作業道は断崖絶壁沿いに削りつくられた道。人と自然の格闘の現場であり、ここの開発では3百人におよぶ作業員が命を落としている(吉村昭『高熱隋道』を読まれたし)。2日間で約27kmを約16時間かけて、いつでも足を踏みはずせば百メートルほどの川底に滑落する恐怖と過ごした。肉体と神経が疲労する。いろいろおもうところがあるが、消化するには少し時間がかかる。想像を超える現場というのはまだ沢山あるんですね。

有名な黒部ダムを下から見上げる、これから下流に歩き出す

有名な黒部ダムを下から見上げる、これから下流に歩き出す

黒部湖から黒部川沿いに発電所が昭和10年代に建設された

黒部湖から黒部川沿いに発電所が昭和10年代に建設された

この高度感は写真でつたえきれない

この高度感は写真でつたえきれない

初日は好天に恵まれたが深い谷は日陰が多い

初日は好天に恵まれたが深い谷は日陰が多い

木道と左手の鉄線をたよりに進む

木道と左手の鉄線をたよりに進む

幅40cmほどの吊橋を渡り終えホッ。

幅40cmほどの吊橋を渡り終えホッ。

滝で一休み、降雨も心をなごませる

滝で一休み、降雨も心をなごませる

S字峡とよばれるとおり激流が岩を削っている

S字峡とよばれるとおり激流が岩を削っている

人間が高熱下で隧道掘削をした現場

人間が高熱下で隧道掘削をした現場

「水平歩道」とよばれるが、名前ほどやさしくはない

「水平歩道」とよばれるが、名前ほどやさしくはない

右手のえぐれたところを歩く、下は絶壁!

右手のえぐれたところを歩く、下は絶壁!