七曲の急坂を上がると難関の胸突き八丁があります

阿寒クラシックトレイル山湖の道が10/29おこなわれました。あの台風が近づくなか、ほぼ道中、雨のなかを皆さん無事歩きました。今回、より松浦武四郎の日誌に沿ったルートを歩いたため、急登箇所もあって、苦労されている方もいましたが助け合って何とかクリア。絶景は望めませんでしたがお昼休みの展望台ではテントを張って、暖かくて美味しいユックオハウ(アイヌの伝統食の鹿汁)に舌鼓。床さんの唄とムックリの調べ、そして雨音の競演でフキの下のコロポックルになったような気分でした。参加者の皆さん、スタッフ、床さん大変ご苦労様でした。

参加者を前に出発前の挨拶、イタルイカはまだ雨は降っていませんでしたが…

今回のメインガイドは阿寒湖温泉のネイチャーガイド加藤さんです

最年少参加者も胸突き八丁を一歩一歩。

10月中旬に降った残雪の中を峠にむけて歩きます

いざ、イタルイカを出発!小川を渡りひらけた笹原を歩きます

昼食の展望台には急造テントがラワンフキの葉のように我々を包んでくれました

床絵美さんのウポポ(唄)とムックリ+雨音の調べでうっとり。

スタッフはテントの溜まり水にヒヤヒヤ。

テントのなかはオハウの湯気でもあもあ。鹿肉沢山のあつあつオハウが沁みる。