サイコロ飴のアイデアがいいね。同封されている武四郎の双六は観光土産の先達。

久しぶりに帯広に武四郎展を見に行ってきました。武四郎の野帳が意外なほど小さかったこと、掛け軸の鶴の舞の絵がとても素敵だったこと、貴重な資料が一杯で皆さんにも伝えたいんだけど会場は撮影禁止。会場スタッフの説明では、国の重要文化財なので…、とかあまり説得力のある説明ではありませんでした。釧路でおこなった資料展はほとんどコピーだったので撮影可で皆さん自由にパシャパシャしてました。発表から50年以上経って著作権もクリアされた国民共有の知的財産でしょうから、写真撮影も許可されることを望みます。一般的な理由としては、1)著作権保護2)フラッシュ等による作品劣化3)他の観客への迷惑。とのことですが、2)3)は同意できるので、フラッシュ撮影は禁止でOKではないでしょうか。欧州を旅行すると美術館も博物館もほとんど撮影自由でとても知的好奇心を刺激されます。

というわけではないですが、
作品図録も買わずに、武四郎グッズに目が行く私でした。武四郎の双六マップ付きのサイコロキャラメルがグーでした。