阿寒湖の湖上カヌーは西岸の湖岸沿いを楽しみます

東京からの親類歓迎小旅行で道東のネイチャーツアーを企画催行。普段、仕事でおこなっているガイドメニュー以外のなかなかこのシーズンには行けないメニューをとり揃え、私も一緒にお客さん目線で楽しんできました。阿寒湖の湖上カヌーは阿寒クラシックトレイル研究会の安井代表の阿寒ネイチャーセンターの定番メニュー。湖岸のヨシのなかを漕ぐ体験と原生林のなかでのティータイムなど快晴のなか雄阿寒岳の勇姿とヨシの中を飛び交うイトトンボの青が目にしみました。サクラの滝でサクラマスのジャンプを見て、宿泊の養老牛温泉ではシマフクロウにも会えました。翌日は羅臼のネイチャークルーズ初体験。マッコウクジラというメインスターのみならず、クロアシアホウドリやフルマカモメ、アカカシヒレアシシギ、ウトウなどの海鳥たちも私には嬉しいひと時。船長の長谷川さんの貴重なお話とその漁師あがりの羅臼愛も立派な観光資源でありました。これに釧路湿原や根室の野鳥観察が加われば、世界に誇れるネイチャーツアーですね。

雄阿寒岳をバックにヨシのなかを抜けて湖へ

原生林には樹齢4百年ほどのオヒョウニレも

熊さんの爪跡のこる大木に腰掛けてティータイム

カヌーや森歩きが楽しめる2時間のツアー

サクラの滝は遡上するサクラマスが8月上旬まで観察

しばらくぶりの神の子池には立派な散策路が整備されていました

羅臼ネイチャークルーズのエバーグリーン号、水産高校の訓練船だったそうです

一番近いマッコウクジラは最後に尾びれを跳ね上げて海中へ

クロアシアホウドリは海上に浮かんでいるだけで目立つ大きさ、羽翼長は2mを超える大きさ

なぜか、若いガイドさんの説明に目が行きます

マッコウクジラには3個体と遭遇。一度もぐれば40分は海中