日本のエース湯淺選手。子連れレーサーで世界を狙う。

阿寒湖温泉勤務だった5年間、冬季スポーツ実行委員会でスキースケートの大会運営に従事していた。阿寒を離れた後もその縁で大会のお手伝いをさせていただいている。国設阿寒湖畔スキー場UTARAは、国営というわけではなく、国有地と前田一歩園財団所有地に造られたスキー場であるということ。寒冷地で北斜面に位置していることもあり、こじんまりとしているが評価の高いスキー場だ。それを証明するように、FIS(世界スキー連盟)公認レースが年2~3回大会おこなわれている。今年は全日本アルペンスキー競技会がオリンピックの出場選手選考も兼ねて開催された。私も電子掲示スタッフとして参画。3日間にわたる熱戦の記録業務に従事した。テレビ中継もあり、オリンピック選考でもあるので選手もスタッフも関係者も、いつにない熱気に包まれた大会となった。裏方の目線で写真報告をします。

テレビ中継があって、スタッフや関係者の数が多い。 ゴールハウスも報道に占拠され、大会本部は屋外テ ントへ。

雄阿寒岳をバックにパブリックビューイング車も登場。

大回転と回転の技術系2種目が開催。コースコンディションは高評価!

ゴール前の2階建てゴールハウスに私の職場、記録室があります。

ゴールハウスから私の指で選手の記録がチェックされます。

電子掲示がメインとサブ。それに手動掲示がセットのトリプル体制。

スポンサーのスバルはXVのゲレンデタクシーをデモ展示。無料のコーヒーサービスも。

阿寒湖婦人部による豚汁、ワカサギ汁に選手も関係者も舌鼓。やっぱり、これだね!

勝者と敗者をゴールハウスから。1回勝負の辛さ。

フラワーセレモニーは上位30位終了時に開催。正式決定前なのでとりあえず表彰という感じ。