武四郎の足跡
■阿寒湖温泉に赴任当初、阿寒の観光資源を手探りで調べていたとき、ホテルで観光語り部をしているSさんと出会った。阿寒湖温泉の歴史や風土についてお話を伺っているなか、「俺の孫爺さんが松浦武四郎が来たとき案内した」と私にとっては衝撃の発言をされた。松浦武四郎といえば、どこか歴史の彼方の人という印象から一気にライブステージにワープした気分であった。これを機に釧路、弟子屈、阿寒のガイドや郷土研究者の知り合いに呼びかけて、松浦武四郎の勉強会を一泊二日で開催した。
■釧路阿寒紀行をまとめた『久摺日誌(松浦武四郎著)』(1860)は、全国にこの地を紹介した最初の観光ガイドブックともいえる紀行文である。これには記録メモである『戊午安加武留宇知乃誌』という野帖があって、さらに『東西蝦夷山川地理取調図』(1859)という地図が揃うと、1858年の武四郎一行の足跡がつぶさに再現できることになる。
■勉強会の資料はそこそこ整ったが、なんといっても武四郎一行の止宿地(宿泊地をこういっている)を、武四郎紀行に縁のある方から直接ガイドされるという、魅力たっぷりのプログラムとなった。

武四郎が阿寒で詠った漢詩碑(ボッケ散策路)

武四郎が阿寒で詠った漢詩碑(ボッケ散策路)

■武四郎の人生の足跡をたどるため年表を作成した。その資料のタイトルを『青春の旅立ちから一畳敷まで~武四郎 起承転結・阿寒の巻~』とした。起承転結のコントラストが際だった71歳の生涯だったのである。お伊勢参りの旅人が往来する三重県松阪市小野江町に生まれた武四郎少年は16歳で家出放浪。旅人の芽が<起>きる。蝦夷地で探検家としてスーパーマン武四郎の<承>が絶頂を迎えた20代半ばから40代。開拓判官という要職につきながら、アイヌ政策等で対立し<転>じ下野する50代。そして全国を旅しながら登山や文化人との交流をとおし、その活動を全国の寺社仏閣91箇所から集めた部材で作った一畳の書斎(一畳敷)で<結>した晩年。そのなかで6度目の蝦夷地最後の釧路阿寒紀行は、探検家としての足跡のハイライトともいうべき41歳の春であった。しかし、私が武四郎にもっとも惹かれたのは、絶頂の蝦夷地探検時代以降の<転>や<結>の足跡であった。ちょうど私の退職や第二の人生設計、そして老後へと、これから歩む道が重なるので親近感を抱いたのかもしれない。
■晩年、武四郎は独創性にあふれた武四郎ならではの表現をしている。それが東京神田五軒町の庵に併設して建てた「一畳敷」である。晩年の終の棲家に併設された一畳の小宇宙からどんな世界を見渡していたのだろう。武四郎の遺言は「自分が死んだら、一畳敷の部材で焼いて、骨を大台ヶ原山(武四郎が晩年、踏査した三重の山)に散骨してほしい」というものであったが、幸いというか、本人は本意ではないかもしれないが、一畳敷は保存(国際基督教大学敷地内に現存)され、武四郎も墓に眠っている。
■青年期、武四郎は対馬から朝鮮への渡航を図るも失敗し、北方探検に転じたそうだ。もし、現代なら世界を旅して、ひょっとしたら宇宙までもと想像してしまうが、最後の旅路の終着点が一畳の畳に集約されるというのは、なかなか想像できるものではない。マクロからミクロへ、広大な北の風土と一畳のスペースに込められる物語の足跡。名作のラストシーンをおもわせる見事なエンディングではないか。

「山湖の道」で武四郎の足跡をガイドする筆者

「山湖の道」で武四郎の足跡をガイドする筆者

■資料作りで、武四郎の肩書きをまとめた。浮世絵師、登山家、北方探検家、ルポライター、地理学者、人類学者、民俗学者、イラストレーター、コレクター、旅行作家、名付け親、篆刻師、高級官僚、双六作家、アートプロデューサー、家出少年、旅人等々。かつて異才寺山修司は記者の質問で、職業をたずねられた時、「職業は寺山修司」と答えたそうだが、なるほど、武四郎も「職業は松浦武四郎」と言うにふさわしい人ではある。多面体は極めれば球体になるのだ。
武四郎の人生はドラマチックで起承転結に富み、自己劇化を図りながら、道を切り開いた演劇的人生といっても過言ではあるまい。これほどの人物があまり映画や演劇で取り上げられていないのも不思議なことである。
■さて、我々の武四郎の足跡めぐり勉強会は、その後、阿寒の仲間が中心となって古道の研究会、「阿寒クラシックトレイル研究会」に発展し、故郷の歴史を歩きながら掘り起こす活動を続けている。『久摺日誌』や武四郎の数々の記録には、釧路地方の豊かな地域資源、河川交通網の活用策など可能性が記されるとともに、阿寒の山河の景観や自然の豊かさが絶賛され、温泉に浸かり、「効能神のごとし」と温泉地としての可能性も予見している。「これほどの景観が自分の故郷にあれば、多くの人が押し寄せるだろう」とも記されている。
■観光客など外部の人から地域の魅力を再認識させられることは日常茶飯事である。地域住民が日々新鮮な刺激を感じ取るのはなかなか困難ではあるが、旅人たちは、その刺激をもとめてやってくる。我々もそれに応えるため、常々感性を磨いておきたいものだ。
■新しい道は、古い道をなぞるだけでは未来へ繋がらない。<新しい酒は、新しい酒袋に盛れ>とも言う。先人の足跡には、その起承転結を通し、人生観が垣間見える。晩年まで創造性を失わず、表現の歩みを止めることのなかった武四郎の足跡は、先行き不安の高齢化社会をともに生きるご同輩にも、過疎や地域格差に悩ましい地方にも、その足元を照らす希望の灯となるのではないか。