釧路湿原、阿寒の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。

春のアルバム

  • HOME »
  • 春のアルバム

■春(4~6月)のアルバム

長い冬の寒さも和らぎ、野鳥さえずりが春の訪れを告げます。冬鳥は去り、夏鳥がやってきますが、まだ、港には北へ帰る準備の水鳥たちが休みます。柳が芽吹き、薄茶色の湿原も徐々に野草の芽吹きとともに新緑の衣替えです。釧路の桜は5月中旬にやっと開花、一気に春の野草が次から次へと咲き誇ります。5月に入ると山菜もフキ、コゴミ、ゼンマイなど恵みの時期となり、アウトドアでの遊びも本格化します。6月には氷河期の遺存種たちが湿原に新たな命を繋ぎ、生物達も子育てに大忙しです。道東の春は冬が長い分をスピードアップして夏につなげます。

0408

港にヒドリガモ。4/上

0416 (2)

シノリガモも日向ぼっこ。4/中

0416 (3)

クロガモ一族もGWまで居ます。4/中

0423 (2)

春先の実現にシカの親子。4/下

0423 (3)

柳の花が河畔を彩る。4/下

0423 (4)

雌阿寒岳は山の集合体、阿寒富士もその一つ。4/下

0423 (5)

フクジュソウとフキノトウは春定食。4/下

0423 (7)

早春のヤチボウズは妖怪風。4/下

0423 (8)

北帰行途中下車のオオハクチョウ。4/下

0423

春一番の夏鳥到来、ヒバリ。4/下

0424 (3)

湿原はエゾアカガエルの鳴き声に溢れて。4/下

0424 (4)

春の息吹を体感しながら湿原散策。4/下

0424

ギョウジャニンニクの季節だ!4/下

Exif_JPEG_PICTURE

クルミの冬顔は羊風。4/下

Exif_JPEG_PICTURE

高層湿原にホロムイツツジ、地味。4/下

Exif_JPEG_PICTURE

エゾヤマザクラは2分咲き?5/上

0506 (2)

アオサギがやってきた。5/上

0506

アオジのさえずりは春の響き。5/上

0508 (2)

ネコノメソウが川べりに。5/上

0508

大天使ガブリエルの青いマント。5/上

0509 (2)

浴衣がけでミズバショウに会えるボッケ散策路。5/上

0509

残雪からフキノトウ、阿寒湖畔の春。5/上

0513 (2)

ヤマモミジの花、ひっそりと美しい。5/中

0513 (3)

草原の小さな主役、ノビタキ。5/中

0513 (5)

つくしんぼうにタンポポ、街の春。5/中

0513

日本最終便、エゾヤマザクラ開花。5/中

0515 (2)

クリミの冬芽が新緑衣替え。5/中

0515 (3)

里山にエゾコザクラが春を告げる。5/中

0515 (4)

カワアイサも夫婦で子育て。5/中

0515 (5)

早めの子育てが進むカワガラス。5/中

0515 (6)

食べごろのコゴミの姿。5/中

0515 (7)

カケス君は林道で何を探す。5/中

0515 (8)

エゾライチョウは阿寒の林道を散策。5/中

0515

これぞ北の桜、エゾウワミズザクラ。5/中

0518

てっぺんにスゲの新緑ヤチボウズ。5/中

Exif_JPEG_PICTURE

春うらら阿寒湖と雄阿寒岳ほっこり。5/下

0522

鹿がたべないので増殖中のフッキソウ。5/下

0523

春の小川はさらさらいくよ。5/下

0525 (3)

釧路川カヌーで春の湿原堪能。5/下

0525

ミズナラにも地味な花が咲く。5/下

0530

水辺のフキも食べごろを迎えた。5/下

Exif_JPEG_PICTURE

新緑の牧場に乳牛たちものんびり。6/上

Exif_JPEG_PICTURE

ハリギリの新葉鮮やか。6/上

Exif_JPEG_PICTURE

マイヅルソウがツルのように咲いた。6/上

0605

川縁のクリンソウは春風景。6/上

0606 (2)

湿原のジャズシンガー、コヨシキリ到着。6/上

0606

オオジュリンの着ましたよ。6/上

0607

雪解けの阿寒川ラフティング最高!6/上

Exif_JPEG_PICTURE

氷河期の遺存種ハナタネツケバナ。6/上

Exif_JPEG_PICTURE

湿原の貴婦人ミツガシワも遺存種。6/上

Exif_JPEG_PICTURE

これが新緑のキラコタン岬。6/上

Exif_JPEG_PICTURE

ミズバショウは4/下、こちらはヒメカイウ6/上。

0618 (2)

ボッケは野草の宝庫。ズダヤクシュ。6/中

0618 (3)

マガモの親子阿寒湖に参上。6/中

0618

キノコもにぎやかにセンボンダケ。6/中

0620

ツマトリソウは妻獲りではなく端取り。6/下

Exif_JPEG_PICTURE

ヨツボシトンボ湿原に舞う。6/下

Exif_JPEG_PICTURE

新緑真っ盛りのキラコタン。6/下

0628 (2)

エゾオオヤマハコベは林縁に登場。6/下

0628 (3)

湿原の主役、スゲ類が開花。6/下

0628 (4)

ベニマシコの雄は雌より赤い。これは雄。6/下

0628 (5)

食虫植物コキヌタモが花を咲かせ。6/下

0628 (7)

木道はトンボ観察所。シオヤトンボ休憩。6/下

0628 (8)

高層湿原にトキソウひっそり。6/下

0628 (9)

世界最小クラスの樹木、ツルコケモモ。6/下

0628 (11)

名は体をあらわす、ヤナギトラノオ。6/下

0628

バイケイソウは花をつけるまで数十年かかる?!6/下

 

自然の宝庫・東北海道のことなら TEL 0154-37-6513 受付期間 9:00-18:00

  • メールでお問い合わせはこちら

↓ガイドの可能な日↓

ガイドメニュー
プロフィール
仲間たち
凸凹日誌
  • facebook

訪問ありがとう

  • 69128総閲覧数:
  • 68今日の閲覧数:
  • 2014年5月17日カウント開始日:
PAGETOP
Copyright © クスリ凸凹旅行舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.