釧路湿原、阿寒の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。

釧路根室半日1日(冬バージョン)

  • HOME »
  • 釧路根室半日1日(冬バージョン)

冬の絶景、タンチョウが舞い、オオワシが飛翔する釧路・根室の自然を満喫しよう!<半日・1日自然体験>

釧路根室地方は、釧路湿原と阿寒の2つの国立公園とともに、北海道立自然公園やラムサール条約の登録湿地が点在してます。太平洋の海岸線は北太平洋シーサイドラインといって、断崖の連なる海岸線が根室まで続き独自の景観をつくっています。
山岳・湖沼・河川・湿原・草原・海岸を生息環境とする動植物や環境がつくり出した景観、そして自然がもたらす豊かな恵みを堪能するオーダーメイド型の自然体験プログラムです。

釧根台地にオオワシ来たる

釧根台地にオオワシ

冬のヤチボウズがすっきり

冬のヤチボウズ

雪裡川にタンチョウの美。

雪裡川にタンチョウ

1)概要:皆様の希望にそって組立てるオーダーメイド型の体験プログラムです。
2)時間設定:半日又は1日設定の釧路市を基点としたプログラムです。
3)おもなモデルコース(釧路根室自然観察マップはこちら

★野鳥や野草の魅力に浸るネイチャーツアー★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
kawanomichi (5)■阿寒湖周辺の森林、河川エリア
(半日又は1日)

■釧路湿原周辺の湿地帯のタンチョウやエゾシカに出会う(半日又は1日)

■根室半島の野鳥観察施設(ハイド)をめぐる野鳥観察(1日)

4)実施期間:季節に合わせて実施可能なプログラムで編成しますので、通年実施します。冬の特徴は以下のとおりです。
冬(12月~3月) 「冬のアルバム」はこちら

tancho006・降雪期に入ると動物たちを見つけやすい。また、野山や湖は凍結しはじめるのでスノーシューなどでの散策で白銀の世界を堪能できます。
・冬鳥や雪原のタンチョウ、エゾシカなどと容易に出会うことが出来ます。
・給餌場にはタンチョウが百羽以上集まります。

5)料 金

ア)基本ガイド料(ガイド料、保険料)は
・半日(4時間前後)で15000円プラス人数×500円
・1日(7時間前後)で25000円プラス人数×500円
 
イ)基本ガイド料には、以下のものは含まれません。別途料金がかかります。
・カヌー、観察船クルーズの料金
・移動にかかる経費:基本的には現地集合ですが、移動手段のない場合は別途ご相談ください。
・各種施設利用時にかかる入館料、入場料

自然の宝庫・東北海道のことなら TEL 0154-37-6513 受付期間 9:00-18:00

  • メールでお問い合わせはこちら

↓ガイドの可能な日↓

ガイドメニュー
プロフィール
仲間たち
凸凹日誌
  • facebook

訪問ありがとう

  • 74427総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 2014年5月17日カウント開始日:
PAGETOP
Copyright © クスリ凸凹旅行舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.