釧路湿原、阿寒の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。

阿寒クラシックトレイル

  • HOME »
  • 阿寒クラシックトレイル

 

チラシA3

■阿寒クラシックトレイルとは
歴史的に長く、評価の定まった物事を指して、「クラシック」と呼ぶ。全行程約60kmのこのルートは、3つのセクション「里の道」「川の道」「山湖の道」に分かれ、タンチョウの里(阿寒町)からマリモの湖(阿寒湖温泉)までを結ぶ、北海道の自然の魅力が凝縮されたルートです。
また、松浦武四郎や前田正名はもとより、アイヌや和人が交通交流をなして、多くの歴史の物語が刻みこまれたルートでもあります。
阿寒クラシックトレイル研究会では、歩きを基本に、獣や、人や、馬や、舟や、汽車や、車が行き来した、この故郷の汗が染み込んだルートを「阿寒クラシック」として、これを活かしたトレイルをすすめています。阿寒クラシックトレイルはイベントで開催されます。
・2017年、阿寒クラシックトレイルの全日程が終了しました。参加者の皆様大変ありがとうございます。今年は天候に泣かされ、川の道は中止となりました。来年はいよいよ松浦武四郎が北海道命名の150周年と自身の生誕2百年のメモリアルイヤーです。今から好天祈願をします。是非、皆さんも一緒に歩きましょう!日程決定次第、お知らせいたします。

 

里の道大判■里の道
阿寒町でかつて栄華を極めた雄別炭鉱へと至る雄別鉄道の痕跡は、今は静かな林道となっている。道中にはコロポックル伝承の残る岩屋あり、武四郎の一泊したトモノウ邸の跡もあり。
そのまま武四郎の足跡をたどり歩けば、開拓の歴史を継ぐ人々の作り出した穏やかな農村風景が広がり、その向こうにはゴールとなる阿寒湖の山々が見える。
「里の道」は、この地区の折り重なった様々な歴史や営みを垣間見せてくれる。

里の道 里の道2

川の道大判■川の道  開催案内
古代から人や動物たちの移動ルートだった阿寒川の川筋に、19世紀の初頭に江戸幕府により網走山道が拓かれた。釧路と阿寒湖の間に広がる原生林の中に、史上初めて作られた一本の馬車道である。
深い森の中のその道を通る者は、鹿の踏み跡や糞、クマゲラの食痕、川鳥の鳴き声、はたまた熊の足跡などを見たことだろう。
上飽別からピリカネップへと至る「川の道」ルートは、そんな往時を忍ばせる道だ。

川・山湖の道川の道

 

 

 

 

 

山湖の道大判■山湖の道
前田一歩園財団の管理する林道「雄観線」は、松浦武四郎が歩いた道と推測されるルートにほぼ沿っていると考えられている。
イタルイカオマナイ(アイヌ語で「橋のある川」)を渡って山道を登り、ルチシ(峠)を越えて阿寒カルデラの内部へと至る道を歩けば、眼前に雄阿寒岳と阿寒湖の展望が広がってくる。植樹の森を抜けトーチピヤニ(湖の船着場)からは武四郎に習い船で行く。
「山湖の道」は、武四郎の視点を追体験できる道である。

川・山湖の道
山湖の道

 

 

 

 

 

 

自然の宝庫・東北海道のことなら TEL 0154-37-6513 受付期間 9:00-18:00

  • メールでお問い合わせはこちら

↓ガイドの可能な日↓

ガイドメニュー
プロフィール
仲間たち
凸凹日誌
  • facebook

訪問ありがとう

  • 74427総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 2014年5月17日カウント開始日:
PAGETOP
Copyright © クスリ凸凹旅行舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.