コッツウォルズのパブリックフットパス、ルートNo.1を歩く
  1. 旅のテーマはなんとやら

 私の初めての海外旅行は高校時代の部活(写真部)の友人と行った1985年の中国シルクロード約2週間の旅であった。中国で個人旅行が開放された翌年、この旅行には写真家であった友人の撮影済みフィルムと未使用フィルムを旅先で交換するといったミッションもあったが、大変ながらも充実した旅で、海外旅行における心構えとノウハウの多くはこの旅で身につけたようにおもう。

 それから幾年月、多くの旅を経験したが、近年、連れ合いと一緒にクスリ凸凹旅行舎(2015年)を開業してからは、「身体の動くうちに…」を合言葉に二人で年に2回、国内と海外の行きたい処に出向いている。

旅のテーマになっているのは、

  • 素敵なトレッキングルートを歩く:登山路から散策路、フットパス、歴史道路など様々な道を歩くこと。登山に関しては国内の山岳が中心ではあるが、本場のアルプスのトレッキングも夢である。仕事の影響ではあるが、英国湖水地方やコッツウォルズのパブリックフットパスやローマも古代道路アッピア街道など有名どころとともに、いろいろな国の街歩きも大好きで旅先だと1日10kmくらいは歩いている。
  • 西洋絵画を鑑賞:連れと初めて行った欧州がイタリアで、その時のルネサンス絵画体験が基で、絵画鑑賞は旅の大テーマとなった。わが夫婦は通常、連れの趣味に感化されて私も参画し、いつのまにか私がのめりこむパターンが一般的だが、美術も同様。美術館、教会など訪ねながら、ルネサンスから近代絵画までの絵画鑑賞をとおして古代文明からキリスト教社会や西洋の近代化の背景を知ることは奥が深く、まだまだ道は長い。
  • お客さんの目線で訪問地の魅力をさぐる:最近、海外からのお客さんのガイドが増えつつある。同じ目線で観光の問題を考えるには、自分たちが旅行者として海外に出かけることが一番。個人旅行で他国を旅する上での不安や喜びや楽しみを身をもって体感する。ガイドのみならず、我が国や地域の観光振興の課題点もよくわかる。
紀元前312年に着工されたローマから地中海への道、アッピア街道
英国コッツウォルズ、ブロードウェイの牧場を歩くフットパス
最初のイタリアでルネサンスの名画に出会う(フィレンツェ、ウフィツィ美術館)
欧州の美術館はほとんど撮影自由。名画とツーショット。(アムステルダム美術館)
ベルギーの古都ブリュージュの運河観光船。四か国を操り途切れなく笑いをとるガイド
英国湖水地方でネイチャーガイドの半日ツアー。ガイドが自家用車で案内。