マリモを迎えたかがり火が参加者全員のタイマツにともり街中を行進します

マリモを迎えたかがり火が参加者全員のタイマツにともり街中を行進します

今年の祭主は阿寒アイヌ工芸協同組合長の西田さんが務めました

今年の祭主は阿寒アイヌ工芸協同組合長の西田さんが務めました

阿寒湖温泉最大の祭り、第67回「マリモ祭り」に行ってきました。マリモ祭りは昭和25年に、マリモ保護をすすめるためにアイヌと和人が協同で創作した祭りです。当時、電力需要のため阿寒湖の水位低下によるマリモの枯渇が問題となり「開発か、自然保護か」という見出しが新聞を飾りました。また、マリモを観光土産に売却するのも問題となり、マリモを湖に戻そうという運動が発端となって祭りがスタートしました。
今年は好天に恵まれ、湖からマリモを迎える儀式から観光客も一緒にアイヌコタンまでたいまつ行進、その後、全道から集まったアイヌの方々の各地の民族舞踊披露をおこないました。

温泉街をマリモを先頭にパレード

温泉街をマリモを先頭にパレード

翌日はアイヌコタンから温泉街をパレードし、送る儀式でマリモを湖に戻して終了となりました。
祭りは10月8.9.10日の3日間と決まっていますので、暦周りのいい今年はお客も多い感じでした。初日はマリモの生息地観察がおこなわれますし、2日目の昼からは、温泉街の関係者が参加するマリモ祭り音頭がまちなかを練り歩きます。皆さんも是非一度、「西の札幌雪祭り、東の阿寒マリモ祭り」と謳われた北海道を代表するアイヌと和人が創った自然愛護の祭りをご覧下さい。

夜のアイヌコタンで全道から集まったアイヌの皆さんが各地の踊りを披露

夜のアイヌコタンで全道から集まったアイヌの皆さんが各地の踊りを披露

アイヌコタンをパレードが出発します

アイヌコタンをパレードが出発します

紅葉はこれから本番という感じでした

紅葉はこれから本番という感じでした

前田一歩園の創設者前田正名の像の前で、奉納の舞(クリムセ)

前田一歩園の創設者前田正名の像の前で、奉納の舞(クリムセ)

パレードでは前田一歩園三代目園主で「阿寒のハポ(母)」と慕われた前田光子さんの山荘前でご挨拶

パレードでは前田一歩園三代目園主で「阿寒のハポ(母)」と慕われた前田光子さんの山荘前でご挨拶

前田光子さんの肖像画を中心に関係者が記念写真

前田光子さんの肖像画を中心に関係者が記念写真

送りの儀式前に全道のアイヌ団体が踊りのイベント

送りの儀式前に全道のアイヌ団体が踊りのイベント

最終の送る儀式でマリモは湖に戻っていきます

最終の送る儀式でマリモは湖に戻っていきます