湿原に向かう道路沿いの群生地

湿原に向かう道路沿いの群生地

バイケイソウが満開です。この花、ガイド仲間では議論を呼ぶ花で、それは種が落ちて花が咲くまでの期間で、40年説、60年説、とある研究機関では90年など諸説飛び交いますが、とにかく長い沈黙を破って花を咲かせることは確かなようです。グッと地味な色合いですが、湿原周辺の道路沿いにも群生が見られます。春の芽ぶきから、若葉の季節、そして開花と量的にも目立つ花なのでちょっと気にして見ていると、あ~この花か!とおもいます。あらためて、そのしぶとさに感激です。

4月下旬のバイケイソウの芽吹き

4月下旬のバイケイソウの芽吹き

5月中旬、山菜とりの時期、コゴミと一緒のバイケソウ

5月中旬、山菜とりの時期、コゴミと一緒のバイケソウ

6月下旬から開花

6月下旬から開花

美味しそうだけど、毒草だそうです。

美味しそうだけど、毒草だそうです。

両性花と雌しべを欠く雄花が混在し多数つきます

両性花と雌しべを欠く雄花が混在し多数つきます