根室バードウォッチング日帰りバスツアー
オオワシ↑オジロワシ
早朝の音羽橋

今冬(来年)は釧路観光コンベンション協会と根室観光協会が連携して、こんな素敵な日帰りバスツアーが行われます。「釧路・根室バードウォッチングの聖地を巡るバスツアー」の紹介情報です。
鳥のメインは冬鳥といわれるシベリアからやってくる北の旅人(旅鳥か?)たちです。オオワシ、オジロワシ、オオハクチョウはじめ、シロカモメ、ワシカモメ、コオリガモ、クロガモ、シノリガモなどの海鳥たち。そしてシマエナガ、ハシブトガラ、カケス、アカゲラなどの常連さんも楽しめます。もちろんタンチョウも翌日の釧路では、音羽橋での川に約3百羽ほどのタンチョウが羽を休ませている絶景や阿寒国際ツルセンターで給餌時間に飛翔してやってくる優雅な姿を堪能できます。
根室では何箇所かハイド(Hide :観察小屋)に行きます。納沙布岬のそれは我が国の最東端の工作物です。鳥だけでなくアザラシなんかも登場。温根元のそれは、日本百名城になっている「オンネモトチャシ」の隣です。ここからは鳥だけでなく国後島のロシア正教会なんかも見えます。何んともいえない風景です。


通常、釧路からの汽車往復+納沙布までのバス往復に昼食1500円を加えると9400円かかります。これがガイド付きで参加料が12000円!何故安いか、モニターツアーだからです。ちょっとアンケートを求められますが、1日で根室まで行って、野鳥観察のみならず日本百名城や納沙布岬なども回れるなんて…。
さらに、翌日の釧路タンチョウ編もあわせると通常12000円+5000円が14000円になる。計算ミスではありません。3000円デスカウントです。私もガイドでお手伝いします。皆で行きましょう!根室へ!!よかったら翌日の釧路も!!!

【主催】釧路観光コンベンション協会 【協力】根室観光協会
【開催日時】2020年 2月8日(土)根室編:1日バスツアー
2月9日(日)釧路編:午前中バスツアー
2月15日(土)根室編:1日バスツアー
2月16日(日)釧路編:午前中バスツアー
2月22日(土)根室編:1日バスツアー
2月23日(日)釧路編:午前中バスツアー
【詳細情報/参加申し込み】はこちら