「映画・本・JAZZ・登山」カテゴリーアーカイブ

山でこんなものをいただいて贅沢な気分

シナノピッコロには大変お世話になりました。地元だけのもののようで。
シナノピッコロには大変お世話になりました。地元だけのもののようで。

テントや食糧をもたないでも、山小屋を利用して縦走が可能な北アルプス。中高年にはありがたいが、故に事故が多いのも現実。味覚の秋は登山もグルメ。泊まりたい宿No.1の燕岳山荘ではビールはもとより、ケーキバイキングってのをやってました。われわれは現地調達でシナノピッコロという小粒のリンゴを持参。学校給食用に改良されたリンゴだそうだが、これが登山に最適。というのも、食べきりサイズで酸味、甘味がほどよく、おまけにぶつけても痛まない。これぞ登山用! 今回の登山で最高の食べ物は縦走路に実っていたクロマメノキ。小粒のべリーで、雷鳥も大好物。これを小休止に食べると疲れも癒され最高でした。それにしても他の登山者があまり食べていなかったのは不思議でした。

 

 

 

 

ケーキバイキング!はさすがにパス。ケーキセット900円。
ケーキバイキング!はさすがにパス。ケーキセット900円。
人気No.1の山小屋である燕岳山荘は10月入ったのに百人ほどの宿泊者が!
人気No.1の山小屋である燕岳山荘は10月入ったのに百人ほどの宿泊者が!
山小屋の夕食、登山中、体重増になりました
山小屋の夕食、登山中、体重増になりました
クロマメノキはベリーなのできっと眼にもいいはず
クロマメノキはベリーなのできっと眼にもいいはず
クロマメノキの実をむさぼってます
クロマメノキの実をむさぼってます

恒例の体力確認登山に行ってきました

IMG_0227ここ数年、体力と技量の限界というより限度確認のため、北アルプスの山々に行っています。今年は、常念山脈を3日間かけて縦走してきました。花崗岩の山肌が特徴の燕岳から大天井岳を経て、百名山の常念岳、そして蝶ケ岳から下山しました。特に困難なルートではないのですが、体力の衰えをまさに体感しております。幸い持病の腰痛は持ってくれて、スケジュールどおりの山行で、雲ひとつないパノラマ風景を満喫してきました。

IMG_0164 IMG_0151 IMG_0194 IMG_0244 IMG_0304IMG_0215

ピアノ発表会で人生初のコンサートデビュー!

下のバーをクリックして記事をお読みください。私の下手なピアノですが、少し雰囲気がでます。
発表会で弾いたのは「モーニン」でした。
発表会で弾いたのは「モーニン」でした。


先日、1年間続けてきたピアノ教室の発表コンサートがおこなわれた。還暦を機にはじめたことの一つがピアノ。個人レッスンを週1回続けてきたが先生には、「歳になってはじめることなので、弾きたい曲をやりたい」というリクエストを出した。私は数曲のピアノで弾きたいお気に入りがあったが、その一つが『トロイメライ』だった。シューマンの「子どもの情景」という小曲集のひとつで、「夢」とか「夢見心地」という意味だそうだ。

この曲へのおもいは、大林宣彦が尾道を舞台に描いた映画『転校生』の挿入曲で印象的に使われていたことにあり、さらに私自身が映画仲間と製作した8mm映画『第三の男’77』は、大林の初期の実験映画である『伝説の午後 帰ってきたドラキュラ』へのオマージュで、私の映画への記憶につながっていく。

今月の21日、義母がファンであるピアニスト、フジコ・ヘミングの札幌公演に同行した。ピアノをはじめたから数ヵ月後、『トロイメライ』に取り組んだとき、YouTubeで有名ピアニストの聞き比べをした。その時、「これなら自分もできそうだ」とおもわせたのがフジコ・ヘミングだった。それから数ヶ月、やっとなんとか簡単に編曲したものを弾けるようになり、私のピアノへのおもいは一つ、小さい実を結んだ。

さて、札幌のフジコ・ヘミングは、ショパン、ドビッシー、ブラームスの名曲と彼女の十八番であるリストの「ため息」そして「ラ・カンパネラ」でコンサートを締めくくり、観衆の大喝采を浴びた。決して若くはない彼女はアンコールはやらないのでは、との話も聞いていたが、再登場し、短い謝辞の後、アンコールの曲をおこなった。
それは、平明で、ピュアで、素朴な演奏であった。超絶技巧の演奏の後であったので一層際立つほどのシンプルさであった。「これなら私も弾ける」。再び、そう思った。純真であることは可能性を開くドアである。自分自身の「子どもの情景」をイメージしながら、『トロイメライ』に身を浸し、トロイメライがつなぐ縁を夢見心地で回想した。

人生初めてのピアノコンサート出演は、アッという間に終了。手が震え、普段しないミスを重ね、頭の中が白くなった。そんな甘いものではないことを体感した。
しかし、私の小さく実を結んだピアノへのおもいは、音楽の神様がつないだ縁をとおして、少し熟していたように感じた。

 

「モーニン」はBS「美の壷」のテーマ曲でもあります。「朝」ではなく、「叫び」という意味です。
「モーニン」はBS「美の壷」のテーマ曲でもあります。「朝」ではなく、「叫び」という意味です。

新しい旅スタイルの提案「スロウな旅」

IMG_0001

北の新しい生活スタイルを紹介している雑誌「スロウ」から、新しい旅スタイルの雑誌「スロウな旅 北海道」が創刊されました。その記念する初刊に、阿寒クラシックトレイルが紹介されています。
ガイドが案内する旅というテーマなので、私のクスリ凸凹旅行舎がメインになっています。阿寒クラシックトレイル研究会ですすめているイベントなのでちょっと心苦しいです。綺麗な表紙で書店でも目に付きます。是非、お手にとってご覧下さい。
ちなみに「スロウ」本体の次号にも取材報告が掲載されます。こちらは前田一歩園の森づくりが鎌田記者の素敵な文章で紹介されます。お楽しみに。
今年の阿寒クラシックトレイルは9月末から10月末までの間に連続イベントで「里の道」「川の道」「山湖の道」を開催予定です。
今年も晴れるといいね。

IMG_0002
家族にはいきなりジジくさい、と言われました。
IMG_0006
いい写真があるね。本当に雄阿寒を眺めながらのカヌーはいいね。
IMG_0005
研究会のメンバーも登場!しぶいですね。
IMG_0003
峠越えで山湖(雄阿寒岳と阿寒湖)が見えると昔の旅人の気持ちにシンクロします。

雌阿寒岳で硫黄鉱山の遺構を探訪した

akan-iou67

雌阿寒温泉周辺に人が定住移住してきたのは、明治30年代の造材、漁業、そして硫黄鉱山である。その痕跡を探訪するため雌阿寒岳の硫黄鉱山跡をスノートレッキングした。阿寒クラシックトレイルの仲間が案内してくれ、雌阿寒岳北西側の西山・瘤山周辺を探訪。人や資材を搬送するためのリフト跡が山頂近くまで伸びている。地図で見ると標高800mくらいなので、まだまだ山頂は先なのだが、先人の労苦の偲ぶ痕跡が随所に残っていた。仲間のスペシャルランチで満喫の山旅でした。

シンポジウムで阿寒クラシックトレイルの魅力をアピール

 

トレイルシンポ (2)
自らもトレイルランナーで、登山や釣りにも取り組んでいる武田さん

11月1日阿寒湖まりむ館で開催された「トレイルラン&ノルディックウォーク シンポジウム」にパネラーの一人としたご招待され、参加してきました。北海道のトレイルランニングの第一人者武田渉さんをメインに、阿寒湖鶴雅グループでノルディックウォークの普及に尽力されている高田茂さんと、私の3名で阿寒湖の自然の魅力開拓についてお話をしました。旅行が多様化しているのは昨今の現象ではありませんが、ことアウトドアに関して言えば、欧米より導入されたスポーツやエクササイズでバリエーションがさらに増しているところです。3者の共通意見は、阿寒湖温泉が温泉街からダイレクトに自然と隣接しているところが、アクティビティを準備したり楽しんだりする利用者側からは大きな魅力とのことで一致しました。しかしながら、その利活用はまだまだ不足しており、新たなアウトドアスポーツの導入で温泉地の可能性を拓きたいのが主催者であるNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構の意図です。パネラーからは、地元にそのスポーツが理解されることの重要性やフィールドの可能性などの調査や研究に時間が必要との発言もあり、安全管理上の課題等もそれぞれのアクティビティは違うが、共通で課題整理していけるのでは、との意見もありました。トレイルランの武田さんは、来シーズンでも仲間と調査に来たい、との意向を示され、地元のやる気にも感心していました。私も、今の阿寒クラシックトレイルルートだけではなく、トレイルランと共通で開拓できるロングトレイルルートもあるのではないかと密かに来年の計画におもいをめぐらせました。

トレイルシンポ (6)
私も阿寒クラシックトレイルの主旨、コース、現状や課題を発言
トレイルシンポ (8)
最近の山の本。武四郎が日本の近代登山の先駆者でもあったと…
トレイルシンポ (11)
TVではアドベンチャーレーサーの田中君が百名山一筆書き達成!

 

信州をトレッキングしてきました

ここ数年、毎年、アルプスの山をトレッキングしています。今年は、上高地から梓川沿いに槍岳に上り、大キレットを通って、穂高連峰までの4日間です。
阿寒クラシックトレイルでは、全長60kmを3つのセクショントレイルに分けて、歩いているので、距離的にはほぼ同じ距離を歩いたことになります。
とはいえ、こちらは日本有数の山岳地帯なので岩山がメインですが、裾野歩きはこれまた魅力的で、「里の道」「川の道」を彷彿させるとともに、ここにも峠越えの古道(徳本峠)がありました。
好天に恵まれ、順調な山行ではありましたが、身体の方は疲労が、素晴らしい山岳景観の記憶とともに色濃く今も残っています。9月27日の「里の道」ウォークも好天を祈るばかりです。開催案内もアップしましたので興味にあるかたは、こちらへ→http://dekoboko.biz/?p=854

DSCN1426kiretto
奥の槍ヶ岳から奥穂高までやってきました
DSCN1438kiretto
大キレット(南側から)
DSCN1355kiretto
大キレットの稜線を歩く
DSCN1363kiretto
ウラシマツツジは紅葉の盛り
DSCN1376kiretto
もう来る事はない危険すぎる道。ホッ!