「武四郎逍遥」カテゴリーアーカイブ

〈第七巻〉④「くすり乃たけごんげん」は何処

【第七巻】 摩周から屈斜路へ
神なる山は何処 ? 屈斜路カルデラを巡る

扉写真は摩周湖第三展望台から望む硫黄山と奥に藻琴山。上の絵図は蝦夷図全図(『三国通覧図説』所収図 林子平著1785年)北海道大学北方資料データベース 

▶釧路の厳島神社は安芸の宮島で有名な厳島神社の御分霊で「市杵島姫命」が主祭神。この他、複数祀られている神様の内、「阿寒大神」は雄阿寒岳、雌阿寒岳を霊峰とする山神様で、アイヌの神ともされている。(「厳島神社」ホームページより)
果たして円空が民の平安を願って遥拝した「くすり乃たけごんげん」とは何処の山だったのか。

絵図拡大。右上に「クスリ嶽」、左に「アカヌノ嶽」が表記。阿寒岳とクスリ嶽は違う山の可能性を示す。

▶江戸時代にクスリ場所を海からアプローチする時、シンボリックに見える山といえば、まず候補は、雌阿寒岳(1499m)または雄阿寒岳(1370m)。ちょっと奥には斜里岳(1547m)が見える。霊山としてはカムイヌプリ(神の山)と呼ばれ、崇められる摩周岳(857m)。アトサヌプリ(硫黄山)も伝説に彩られた山である。藻琴山(999・9m)は屈斜路カルデラの外輪山で平坦な山容で目立たないが、霊山という側面でみると決して侮れない。

▶藻琴山には2つのアイヌ名が付けられている。松浦図には「トウエトクシヘ又ウラエウシノホリ云」と記されている。釧路アイヌはトエトクシペto-etok-ush-pe〈湖の・奥に・いる・者(山、神様)〉と云った。逆方向の網走側の浦士別にもかつてコタンがあり、「浦士別川の水源にもあたるので網走側の呼び名がウライウシヌプリurai-ush(-pet)-nupuri〈浦士別川の・山〉と呼ばれていたのであろう」(山田)とのこと。
「山名はその下を流れる川の名前をとって呼ばれる場合が多い」(山田)との例によれば、オホーツク海に流れ出る藻琴川の水源もこの山なので、アイヌ地名ルールにならって現在の和名も藻琴山になったのだろうか。

松浦武四郎著「久摺日誌」に掲載された地図には「クスリ岳」の表記が藻琴山か、硫黄山のあたりに描かれている。

▶屈斜路湖の河口部東側にオプタテシケヌプリ(504m)という山がある。山田氏は著書『北海道の地名』で次のようにアイヌの古老八重九郎翁の話を紹介している。
「オプ・タ・テシケ・ヌプリ(op-ta-teshke-nupuri槍が・そこで・はねかえった・山)の意だろうか。オプタテシケは女山で、トイトクシペ(藻琴山)は男山だ。女は位があるので、ために槍を投げたら槍がテシケ(それる)して眠っている摩周湖ヌプリに刺さってその跡が赤い血の沼になった云々」
この伝説は有名なようで、知里真志保著『アイヌ語入門』でも「山争いの伝説」として紹介されている。同じ話なのだが、八重九郎翁はオプタテシケは女山で、知里真志保氏は男山としているところが可笑しい。知里版には後日談が書かれていて、「マシュウ岳(カムイヌプリ)は腹を立てて、千島のクナシリ島へ飛んで行き、チャチャヌプリのそばへ身を寄せたが、晴天の日にはトゥエトコウシペ(藻琴山)のもがき苦しむ醜い姿が見えるので、さらに飛んでエトロフ島に行った。釧路や阿寒のアイヌが千島に行くと、晴天でも雨が降るというが、それはカムイヌプリが故郷を思い出して流す涙だという…」
八重九郎翁曰く、「カムイノミ(神拝)する時には、山々の名を称えて献酒するのであるが、いかなる場合でもトエトクシペが第一に称えられる最高の神山」(『北海道の地名』山田秀三著)とのこと。

屈斜路湖から流れ出る釧路川河口左岸にあるオプタテシケ。伝説に彩られた山だ。

▶釧路の郷土史家・故佐藤直太郎の研究論文によれば〈「薬ケ嶽」の初見は『和漢三才図絵』(1713)であり、その後『蝦夷全図』(林子平著1785)には、「クスリ」の傍に「クスリ嶽」が描かれ、それより北東方向に「アカヌノ嶽」(阿寒嶽)も描かれている。伊能忠敬の実測では阿寒嶽のみが描かれ、航海者の目標にもなった。『北海道志』(開拓史編1884)の地図には釧路嶽、雌阿寒嶽、雄阿寒嶽がのっていて、クスリ嶽は薬ケ嶽なので阿寒嶽は別の山。釧路嶽=クスリ嶽=薬ケ嶽は釧路地方の代表的名山であった証拠。〉とされている。
多様な由来や霊山としてのエピソードも加味され、〈藻琴山こそがクスリの地のシンボルマウンテン・くすり乃たけごんげん〉とのおもいを強くしたのだが…。後年、武四郎の探訪記録にはウラエウシヌプリ=藻琴山とは別にクスリ岳と表記された絵図(野帳)もあり、佐藤氏はアトサヌプリ(硫黄山)がこれにあたるのではとの推察もされている。

屈斜路湖の東岸に並ぶ3つの山。左端がアトサヌプリ(裸の山。現・硫黄山)

▶ボクの両親の故郷は斜里である。父は斜里岳の麓・川上羅萠で、母は以久科という海岸線の集落で育った。父方の実家の裏には小さな祠があり、祖母が山に向かい手を合わせていた姿を覚えている。以久科はボクの見立てではもっとも斜里岳が美しく見える処である。すそ野まで左右対称にのびた山容は全身斜里岳である。さらに山頂からは実家も含めオホーツク海に抱かれた原野が見渡せる。双方向視界全開のシンボルマウンテンである。
我が家の祖先のみならず、オホーツク人はもとより、古の先人達は、此の山に何を祈り、何を感謝して日々生き抜いて来たのだろう。
「ふるさとの山に向かいて言うことなし
 ふるさとの山はありがたきかな」(啄木)

斜里町以久科から見た斜里岳は最も均整のとれた山容。我が先祖の入植の地でシンボルマウンテンだった。

▶釧路で育ったボクは製紙工場の紅白の煙突にたなびく白煙を背景に遠望する雄阿寒岳、雌阿寒岳を見ながら少年・青年期を過ごし、そして老年期を迎えた。2022年春、その白煙は工場の閉鎖で途絶えたが雄岳、雌岳は変わらぬ山容を今に留める。
伊能忠敬は此の山を測量の標とし、松田伝十郎は海霧のなかに頂きを探したに違いない。アイヌたちは阿寒川沿いにこの山を頼りに湖畔を目指した。その阿寒の山が「くすり乃たけごんげん」か、否かは研究者に任せるにしても、ある刻から阿寒大神の山神になったことは納得できる。歴史の謎解きに身を委ねれば藻琴山か、硫黄山のいずれかが「くすり乃たけごんげん」なのかも知れない。しかし、時代の変遷にそってシンボルマウンテンは替わり、今日、道東に暮らす多くの北海道人が、それぞれのおもいをよせるシンボル・マウンテンが複数存在することも確かである。
単身赴任で5年間、阿寒湖温泉に暮らしたボクにとっても第二の故郷の山は雄阿寒岳、雌阿寒岳である。「くすり乃たけ」がシンボル・マウンテンズになるのも時の流れ。(終り)

武四郎が描いた釧路会所の図(『東蝦夷日誌』)背後に道東のシンボルマウンテンズが連なる

〈第七巻〉③母なる川と「くすり乃たけごんげん」

【第七巻】 摩周から屈斜路へ
神なる山は何処 ? 屈斜路カルデラを巡る

扉写真は屈斜路湖釧路川河口。上の写真は円空作薬師像(厳島神社蔵)

▶母なる川と「くすり乃たけごんげん」
釧路に住むボクたちにとって、釧路川は屈斜路湖に源を発し、154㎞に及ぶ流れの道中で釧路湿原の中を蛇行しながら、多くの支流を集め、太平洋に注ぐ母なる川である。
水源の湖である屈斜路湖は、松浦図には「クスリ湖」と表記されている。クスリ・トゥ(薬・温泉の湖)は釧路の地名由来の一つである。
アイヌの人たちは自分たちの生活圏の中で、誰もがわかる大きな湖や河川については、特段名前をつけるわけではなく、ただ単にトウ(湖)やペッ(川)と呼んだそうだ。だから松浦図の記載どおり、アイヌの人たちが昔からこの湖をクスリ湖と呼んでいたという確証はない。アイヌ文化の伝承者・山本多助エカシは、クシリ・オンネ・トー(薬温泉の・大きな・湖)と伝えているし、そもそも〈アイヌは、クスリではなく、クシリという〉とのことで、釧路川も「クシリ・シ・ペツと云った」とのこと。(『森と大地の言い伝え』チカップ美恵子編著 北海道新聞社刊より)

松浦図拡大。屈斜路湖に「クスリ湖」の表示。その北側に「トウエトクシヘ又ウラエウシノホリ云」(藻琴山)の表記が見える

▶現在の河口には眺湖橋がかかり、源流部カヌーの起点となっている。
松浦図にはクッチャロという地名が見れる。アイヌにとって川は〈海から発し、山に向かって上るもの〉とのことで、自然の地理地形の多くは人体になぞらえて名前が付けられている。湖から見ると水源地の川口部は人間の喉元を表すクッチャロという言葉が標準化されている。阿寒湖でも阿寒川の川口にある滝の名前はソーパロ(滝の口)で、そこから先の細い入江の箇所にもクチャロの名前が見える。
カルデラ湖である屈斜路湖や阿寒湖の湖岸や湖底からは温泉が湧き出しており、クスリは温泉と薬効で結ばれる。
江戸時代の文献では一貫してクスリという表記になっている。その点から、クスリというアイヌ語は和語からの借用語ではないか、との説もある。

釧路川下りの基点。屈斜路湖河口に架かる「湖眺橋(こちょうばし)」


▶クスリの初見は寛永20年(1643)、オランダ東インド会社所属のM・G・フリース艦長率いるカストリクム号の航海記録に残っていたものが最初とある。外国人によって最初に記され、和語とアイヌ語の共用語として今日の地名に引き継がれているクスリではある。
釧路川が母なる川とすれば、母又は父なる山として、ここで取り上げてみたいのは藻琴山である。
▶釧路の厳島神社に江戸時代の仏師・円空の彫った薬師仏がある。円空が寛政6年(1666)に来道した折りに彫った計約40体の道内各地に残されている仏像の一つである。この座像の背面に「くすり乃たけごんげん」の銘がある。この像は内浦湾に面した礼文華峠にあるケボロヰとよばれる洞窟にあった5体のうちの1体で、5体は蝦夷地を代表する山岳にあて、はるばる霊山を訪ね難いのでこの洞窟に背銘像をそろえて遥拝したと云われている。(続く)

摩周第三展望台から屈斜路カルデラを望む。左手の白い山がアトサヌプリ(裸の山。硫黄山)。奥に見えるのが藻琴山。いずれも「くすり乃たけごんげん」の候補。

〈第三巻〉③検証登山てんまつ記

【第三巻】 イタルイカオマナイから雌阿寒岳へ
 登ったのか? マチネシリは何処

中間点の800m峰頂上(C地点)でカムイノミ。後ろに雄阿寒岳を望む

▶2022年5月26日木曜日。長年の懸案であった武四郎一行マチネシリ検証登山が実現した。天気は快晴。最高気温は25℃近くまで上昇した暑い一日であった。阿寒クラシックトレイルの仲間と阿寒湖温泉のガイドスタッフ計5名でイタルイカオマナイ沢の入り口を8時半にスタートした。
ルベシベの峠(ルチシ)に10時に到着した。渡辺さんの見積もった〈シユマタツコフからルベシベまで約2時間〉という行程時間はほぼ一致した。ここからほぼ直角に西に折れ、800m峰のピークを目指した。予想はしていたが笹藪こぎと針葉樹林の倒木を超え、ピークである標高830mまでの標高差は約200m。1.2kmの道なき道を1時間10分ほどかかり、到着した。
▶800m峰ピークからは北東に雄阿寒岳とそれを取り巻く阿寒湖の眺め、西側にフレベツ岳や雌阿寒岳の山並みが美しい。ここがアイヌたちが祈りを捧げるカムイノミウシまたエナヲウシであることを十分推測しうる景観であった。
小休止後、西に向けて雌阿寒岳登山口を目指した。一旦、標高650m地点まで降らなければならなかった。この間が急な斜面で、背丈に近いほどのクマイザサを漕ぎながら数度にわたって転倒し、やっとの思いで接続する林道に出た。ここで30分ほどの昼食を済ませ、この延長上にある750mのピークまで登り返し通過する予定であったが、笹藪が思いのほか手強く、精根使い果たし、アミノバイタルも使用済みであったボクの提案で迂回する林道を行くことになった。白水フレベツ林道を使って雌阿寒岳登山口を目指した。


▶雌阿寒岳登山口に到着したのは午後1時半であった。我々の検証登山はここで一旦終了した。ルベシベ(ルチシ)出発から雌阿寒岳登山口まで要した時間は3時間半である。これを武四郎一行のタイムテーブルに合わせると一行のルベシベ発を8時半とすると、雌阿寒岳登山口には12時頃到着になる。ここから夏山ガイドブックに沿った登山時間を充てれば、登山口から頂上到達時刻の午後2時までの約2時間で行くことができるのは剣ヶ峰になる。な、なんと! ぴったりの時間設定ではないか!
また武四郎の記した距離程においても、地図上で計測した約8.3kmの距離と一致した。

▶さて我々の検証登山日と武四郎一行の登った5月10日には2週間ほどの日にち差がある。この早春の頃は1日毎に条件が変化する。これをどう勘案するか。
今回の参加メンバーは阿寒湖温泉で長年ネイチャーガイドをし、阿寒クラシックトレイル研究会の代表でもある安井。アイヌコタンでアイヌ料理のカフェを営み、日常的に山菜採りなどで山に入っている郷右近。アウトドアサイクリング団体を主宰し、林道はじめ阿寒の道を熟知している松岡。皆、阿寒の自然を熟知し、40代。安井は武四郎がマチネシリを登った41歳と同年である。女性ネイチャーガイドは30代?。ボクが68歳で体力的にはみんなの足手まといである。途中で何度となく転び、最後尾を遅れ気味についていく。おまけに記録用で愛用していたコンパクトカメラをどこかで落としたらしく、みんなに捜索する手間まで付け加えてしまった。

カメラを無くしたショックと疲労にうな垂れながら仲間に励まされ、もうひと頑張り。背後のピークが800m峰で地図のDからE方向


▶安井は、「当時の笹の状態、雪の状況次第で、雌阿寒岳(ポンマチネシリ)登頂も不可能ではなかったと思いました。5月前半ということで、春の堅雪がブッシュを覆うほど残っていた可能性は十分あると思います。800m峰のところはぐるっと阿寒の様子を見渡せて、カムイノミするのにもいい雰囲気と感じました」と阿寒の自然を熟知している代表ならではのコメント。
後半は林道を歩く形になったので当時より格段に歩きやすかったには違いないが、現行の雌阿寒岳登山口は北側に寄っているので迂回する分、距離は長くなった。

現在の頂上(ポンマチネシリ)直下から中マチネシリ、剣ヶ峰(マチネシリ)そして雄阿寒岳、阿寒湖を望む武四郎一行が登ったと思われるルート。HからG方向(2枚合成)

▶結論から言えば、武四郎一行が登ったと記されたマチネシリ登山に関する時間や距離の計測は、とても理にかなった情報であった。マチネシリが現在の剣ヶ峰だったとしたら、日誌の記述はとてもリアルなものであった。これをもって武四郎がマチネシリに登ったことが事実だったのかどうかはもはや知る術はない。ただそこに記された記録はマチネシリ登山がフィクションではなく、少なくともアイヌ案内人からの聞き取りや現地の山容、地形地質、植生を読み解きながら、自らの経験と見識を加味し綴られた〈武四郎の登山紀行〉というほかはない。
▶日誌に記されているカムイノミウシ又はエナヲウシについては、登りと降り両方に通過したポイントであるため、おそらく白湯山西側の750mピーク(D地点)で、ここから湖畔に向けて下山ルートを取ったものと推察される。(現在の白湯山登山路に重なるイメージ)

下山路に使ったであろう白湯山から湖畔に下るルート。IからJ方向

▶これまで武四郎の記録については、武四郎自ら〈分飾を施した又は興を加えた〉とされる日誌の表現が、ともすれば〈話を盛る、表現過剰〉で、情報の信憑性まで疑われる嫌いもあったようだ。
しかし、阿寒紀行に関しては、ボクたちの阿寒における経験や今回の検証登山と、武四郎の記録を擦り合わせると、武四郎一行がマチネシリに登ったことは《ノンフィクションとして物語ることができた》とおもっている。
▶下山時に失くしたカメラは親友が退職記念にプレゼントしてくれたもので、これまで多くの旅行や登山に同行し、沢山の思い出を遺してくれたイッピン。今回も途中経過を写し、800m峰の頂上から眺める360度に展開する雌阿寒岳や阿寒湖、雄阿寒岳の景観をビデオ機能で撮影した。これらの記録は、この登山ルートのどこかにタイムカプセルのように封印され、次の探訪者に発見されるのを待つのか—。
誠に残念ではあるが、ボクは、記録の喪失より、仲間と共にこの検証登山ができたことの記憶が大切な宝物として遺った喜びを実感している。(終わり)

〈第三巻〉②マチネシリとはどの山か

【第三巻】 イタルイカオマナイから雌阿寒岳へ
 登ったのか? マチネシリは何処

扉写真は「久摺日誌」に描かれた阿寒湖周辺。上は白湯山展望台から望む雄阿寒岳

▶武四郎の記述から類推する「マチネシリ」という山について考察してみたい。現在のピークであるポンマチネシリが雌阿寒岳の頂上という認識は一旦横に置いて、武四郎一行が来た1858年の時点でマチネシリとはどの山を指したのか? 果たしてそれは現在の頂上だったのか? について調べた。 
雌阿寒岳は複数(8つ又は9つの山)の山で構成された複合火山である。火山は3つの噴火口で形作られ、太古から活発に活動し、1万年前後には巨大な火砕流噴火により中マチネシリと呼ばれる大きな火口ができ、7000年から3000年前にはポンマチネシリと北側の山群が相次いで誕生した。2500年から1100年前にかけて南側の阿寒富士と呼ばれる一番新しい山ができ、ほぼ現在の山容となる。その後、近年の噴火は水蒸気噴火が主のようであるので、武四郎が来た時点で山の姿は今とそれほど変わりはなかったように推察できる。
この火山の形成を調べていたら『北海道阿寒町の文化財 先史文化篇第二輯』(阿寒町教育委員会刊)のⅡ『阿寒湖畔とその周辺の地形及び地質』で岡崎由夫氏は、―雌阿寒岳の形成過程の中で、現在、雌阿寒岳が形成された順序は、〈フレベツ岳→南岳→1042m山→東山→と剣峯、瘤山が最も古く、その後、中マチネシリが形成され、次に北山、西山、ポンマチネシリが出来、一番新しいのは阿寒富士―、と記していた。剣峯は現在、剣ヶ峰と表記されている。
この中で「剣峯(マチネシリともいう)」という記述があった。(強調は筆者)
▶ボクはアイヌ語でポン(小さい)は通常はポロ(大きい)との対比語と理解していたので、以前から一番高い頂上がなぜポンマチネシリなのか、不思議であった。ところが『地名アイヌ語小辞典』(知里真志保著)によると「ポロもポンもともにポ(子)から派生した語である。(中略)ポンの方もたぶんポ・ヌ(子・である)が語原で現行の若い、小さいの意味が出て来たのである」と記載されていた。
雌阿寒岳の形成史からいうと剣ヶ峰がマチネシリで、現在の頂上であるポンマチネシリとの関係は大小ではなく、古い(親)に対して、新しい(子)との関係にあることと理解できる。つまり、〈古いマチネシリ〉に対して、〈新しいポンマチネシリ〉という関係になり、一行が登った、又は目指したマチネシリは剣ヶ峰だった可能性が高まる。
実は北海道夏山ガイドの掲載地図にも剣ヶ峰(マチネシリ)と表記されているし、YAMAKEIオンラインの登山地図にも同様の表記がされている。マチネシリ=女山=雌阿寒岳=ポンマチネシリピーク(1499m)という思い込みがボクも含めて多くの人にあったのかもしれない。

雌阿寒岳山頂(ポンマチネシリ)から中マチネシリの火口とマチネシリ(剣ヶ峰、右て奥)を望む。

▶もう一つ違う角度から剣ヶ峰登頂の可能性を検証したい。武四郎は下山後、翌日アイヌと一緒に丸木舟で阿寒湖の四島巡りをしている。この印象を漢詩に詠み、それは現在も阿寒湖畔のボッケ散策路の碑に刻まれている。
碑文を和訳すると―
 「水面風おさまる夕日の間 小舟竿をさして崖に沿って帰る 
 たちまちに落ちる山の長い影 これはわれが昨日よじ登った山」

つまり前日のマチネシリ登山の山を湖上から確認している。
『日本百名山』(深田久弥著)で深田氏はこの漢詩を詠んで、この峰が「雄阿寒岳であることは間違いない」と書いているが、日誌の経過から読むと雄阿寒岳登山の可能性は考えにくい。また湖から雄阿寒岳は東側なので、夕日に山の影は馴染まない。
実は阿寒湖から雌阿寒岳を見ると頂上のように見えるのは手前の剣ヶ峰であり、奥のポンマチネシリは噴煙の風向きや、悪天時などはほとんど確認することができない。これらのことも勘案すると、私の推察は、武四郎一行は「剣ヶ峰」に登った可能性が高いという結論になる。

ボッケ散策路にある武四郎の漢詩碑。建立者は武四郎顕彰に尽力した釧路の経済人であり、議会人かつ郷土史家でもあった佐々木米太郎を中心にした発起人メンバー。
結氷した阿寒湖の湖上から雌阿寒岳に沈む夕陽。右手はフップシ岳。(撮影 松岡篤寛)

▶次に〈武四郎はマチネシリには登っていない〉という定説について調べた範囲でその根拠を整理したい。武四郎の発刊本である『戊午日誌』『久摺日誌』には、その元となる野帳と云われるフィールドノートが存在し、武四郎研究家である秋葉実氏により、手控(=野帳)が解説付きで活字化され出版されている。日誌のもとになるメモ書きを解読したものなので、内容の詳細や日程を確認する手助けとなる。
これによれば三月二七日出立し、移動行程のなかでルヘシヘからエナヲウシでの記述は…
「エナヲウシ 又カムイモミウシとも云。右の方ヲアカン左りの方メアカン岳に拝。是より笹原平地。また十丁計にて
小川
また少し上りて一ツ山をこへてヲウンコツ…」
これしか記されておらず、秋葉氏は注釈で次のように解説している。
「…このあと雌阿寒岳登山の記事があるが、文飾である」
何とも素っ気ない注釈ではある。「文飾」とは文章、語句を飾り立てることではあるが、この手控えを最優先すると、武四郎のマチネシリ登頂は、事実ではないことになる。武四郎の日誌には「文飾」がこのほかにもあり、現代語訳者の丸山道子さんもマチネシリ登山は「彼一流のフィクションであろう」と解説している。
秋葉氏は、武四郎が下山した翌日の阿寒湖の丸木舟による四島巡りも「三月十六日以降、日誌の行程は一日ずれていたが、ここで二七日阿寒湖内巡りをしたことにして、手控と日誌の行程が一致した」と解説している。(注:強調は筆者)
このことを知った時はさずがに驚きとショックがあったが少し落ち着いて、いく通りかの考えがめぐった。(続く)

〈第三巻〉①武四郎一行の登山行程について

【第三巻】 イタルイカオマナイから雌阿寒岳へ
 登ったのか? マチネシリは何処

扉写真は雌阿寒岳頂上直下から剣ヶ峰や雄阿寒岳を望む。上はイタルイカオマナイ沢からルベシベ(峠越え)の道

▶松浦武四郎が釧路から阿寒を経由して網走に至る途中で、マチネシリ(アイヌ語で雌山を意味し雌阿寒岳を指している)と呼ばれる山に登山をしたことが記されている。
この登山に関しては、〈実際には登っていない〉ということが定説となっている。様々な方たちが、武四郎は聞き書きしたのではないか、とか、日程的にズレがある、などの理由を述べられている。松浦武四郎は蝦夷地探検家であるとともに〈江戸、明治時代の登山の先駆者〉としても知られており、山岳関係の方々も武四郎の登山についての著作を出されている。
なかでも『江戸明治の百名山を行く~登山の先駆者松浦武四郎』(渡辺隆著 北海道出版企画センター刊)は、蝦夷地における武四郎の登山に関して、詳細な検証をしている。著者の渡辺さんは道内出身者で松浦武四郎やアイヌ語研究の他、登山家としても山岳学会で活動されている方である。
▶渡辺さんは決して〈武四郎一行はマチネシリを登らなかった〉とは言い切ってはいないが、巻末の登山一覧では「断念」と整理されている。
渡辺さんは武四郎の日誌から推定し、行程の時間を割り出し、時間的な限界から雌阿寒岳登頂は困難としているが、「どこかの山にアタックしたのは事実であろう」としている。
どこかの山は「831mの無名山」と「エナヲウシ(場所不明)」をあげておられる。私は渡辺さんの分析を参考にしながら、これまで仲間と共に活動してきた阿寒クラシックトレイルなどで歩いた武四郎ルートと照らし合わせ、武四郎一行の雌阿寒登山の可能性を検証してみたい。
武四郎はマチネシリへの登山に関しては「戊午日誌」と「久摺日誌」に記載している。特に久摺日誌において、登頂経過は、和文で記載された部分と重複して、漢文でも記載され、特段の思い入れの深さを感じさせる扱いとなっている。(以下「久摺日誌:和」又は「久摺日誌:漢」と表記する)

ルベシベの登りを行く「山湖の道」トレッキング参加者

▶日誌から事実関係を推察する。
一行は1858年(安政5)旧暦3月の戊午日誌では26日、久摺日誌では27日にマチネシリ登山をして湖畔に下山している。1日のズレがある。旧暦なので今の暦では5月9日又は10日になる。
前泊したルベシベナイを発って、シユマタツコフという小山を経由し、ルベシベの麓まで来て、ここから山越えの道を歩き、そのピーク(ルチシ=峠)まで来た件については、別記「武四郎一行マチネシリ登山ルート推定図」(以下「ルート推定図」)でご確認いただきたい。一行はこのルベシベのピークで、登山をするものと、先に湖畔に向かって滞在の準備をするものが別れる。ここまでは渡辺さんと私の分析はほぼ同じだ。
▶ここから見解が違う部分を説明したい。
一つはルベシベの位置についてである。私達が阿寒クラシックトレイルの阿寒湖への峠越えの道として使ってきたルベシベのピーク(ルチシ)は標高620mである。渡辺さんの記述では「ルベシベより頂上までの標高差は約1100mである」となっていて、頂上がポンマチネシリの1499mとすると、逆算すればルベシベの標高は399mとなる。この標高をルート上で探すと、麓であるイタルイカの周辺にあたる。
武四郎は戊午日誌には「ルベシベ 此処は路越えると言う儀なり。是アカン越えの頂上なり」と書いているので、標高620mのピーク周辺がこの地点に当たると思われる。
渡辺さんが想定したルベシベのポイントと我々が想定したポイントの標高差は221mで、その違いはこのあとの登山行程の見積時間にも影響したのではないかと思われる。
ここから山頂までの行程を日誌から拾うと全行程76丁(1丁は109m)約8・3㎞の行程になる。
久摺日誌には頂上到着が「達山巓、則日己未」(久摺日誌:漢)とあり、すでに午後2時になっていたとされる。
渡辺さんは「雪の無い所は2時間半、雪のある所は直登したとして小休止を含め、4時間は必要と思われる。途中で昼食30分として頂上到着は午後6時頃」と行程時間(ルベシベから合計7時間)を割だし、到着時刻を推定している。ここで午後2時頃に登頂した武四郎一行とは4時間もの大きな差が生じることになる。このことが登頂困難の最大の理由となる。

雌阿寒岳登山の阿寒湖温泉ルートから頂上を目指す。前方中央に剣ヶ峰がみえる


▶さらに渡辺さんとボクの間で、時刻の取り扱いに大きな見解の相違が出る。久摺日誌(和)には「五ツ比シユマタツコフに至る」という表記がある。これを渡辺さんは「午前9時に通過」と解釈されている。江戸時代の時刻表記については、日の出から日の入りまでの時間を6分割し2時間単位で一刻、二刻と呼ぶ。一方で日の出を「明六ツ」、日の入りを「暮六ツ」と呼んだそうだ。昼と夜の時間がほぼ半々となる「春分の日」や「秋分の日」は、一刻が2時間となるが、季節によって昼夜の時間長は変わるので、時間の単位も変動するのが江戸時代の時刻表記なのだ。
武四郎がマチネシリに登った5月10日前後の日の出時刻は午前4時頃、日の入りは午後6時半頃だ。昼間時間が14時間30分として、6等分すると、武四郎一行登山時の一刻は2時間25分になる。「暁靄深く同行の者も見失う故に、互いに聲をかハし行。」(久摺日誌:和)。暁が日の出時刻と設定すれば明六ツは午前4時。「五ツ比シユマタツコフに至る」(久摺日誌:和)の五ツは一刻を過ぎて、6時半頃である。渡辺さんの午前9時とは2時間半の時間差が生じた。
「シユマタツコフよりここまで(ルベシベ)を地図上の計測で仮に2時間とする」(渡辺)に倣えば、ルベシベの峠到着時刻は8時半である。山頂到着が午後2時。ルベシベ(ルチシ)から山頂までは5時間半あることになり、この間に約8・3㎞の山道をどこまで行けたかが検証のポイントとなる。

検証登山の工程図


▶私の山の経験は趣味程度で夏山登山が主である。雌阿寒岳、雄阿寒岳にはもちろん登っている。一行のルート上で、渡辺さんが登頂の可能性として記載されている阿寒湖の南に位置する「831mの無名山」には冬に登ったことがある。地元では「800メートル峰(C地点)」と呼ばれ、結構知られたところである。詳細は地図を見て頂いた方が分かりやすいとは思うが戊午日誌の「扨此処(ルベシベ)より真一文字に、何をも不管して二十丁も上るや…」という記述に対応するように、ルベシベで西側に直角に折れた先、約1・5kmほどで800メートル峰ピークになる。さらに雌阿寒岳頂上につながる延長上に重なる。
ルート推定図上の直線距離測定ではルベシベ(B)から剣ヶ峰(G)までは8・5㎞、ポンマチネシリ(H)までは9・75㎞となった。当然、屈曲はあるにせよ、剣ヶ峰に関してはほぼ近い距離だ。現在の雌阿寒岳阿寒湖畔コースの登山口(E)はこの直線上の少し北寄りに設定されているが、登山コースタイムは、登りで剣ヶ峰(G)コルまで2時間。ポンマチネシリ頂上(H)までさらに40分で合計2時間40分。下りは頂上から30分で剣ヶ峰コル。そこから登山口までは1時間30分で合計2時間となっている。(『北海道夏山ガイド⑤』北海道新聞社刊)
つまり、ルベシベから登山口まで3時間半で行けたら、少なくとも剣ヶ峰までには午後2時に着くことができる。もちろん、これは夏山で登山道が整備されている現在の状況下で、1858年5月登攀日の条件下でどこまで行けたのかが問題である。(続く)

白く見えるのが剣ヶ峰。その背後に雄阿寒岳。左手に阿寒湖がみえる