「阿寒クラシックトレイル」カテゴリーアーカイブ

今年の紅葉は美しいといわれたけれど…

大雪山の紅葉は、ここ数年で最高の美しさ、と新聞紙上でも紹介されていましたが、残念ながら大雪にはいけませんでした。それでも仕事とプライベートでも道東の紅葉を堪能した10月でした。紅葉は、樹種により色も時期も違って、年毎に今年は何の木が綺麗だけれど、何の木はどうも…、という差異をチェックするのもまた楽しみではあります。紅葉の時期だからこそ、あそこはモミジが多いとか、カツラが多いとか、森の個性も際立ちます。
たしかに、今年の紅葉は綺麗なようです。温度差や天候の具合にもよるでしょうが、エゾヤマザクラやナナカマドが今一つだった印象はありますが、あとは山も里も綺麗でたっぷり行く秋を堪能した気分です。「川の道」ウォークの10月25日には、どのくらい辛抱した紅葉が見れるのか、これはこれで、楽しみです。

川の道下見 (16)
10/17「川の道」ウォークの下見で阿寒川中流域。こんなにモミジが豊富な処は阿寒でもそうないのでは、川筋で日当たりが良いせいか、最高の紅葉!
DSCN1624hamamatupath
10/19釧路市美原地区の遊歩道のキタガミハクヨウの黄葉。いつもは黄色なのだけれど、今年はこれに少しオレンジが混じってどうしたんだろう?
DSCN1579
10/15 津別町の紅葉。針葉樹と広葉樹が入り混じり、This is HOKKAIDOの紅葉です。
DSCN1592
いつも楽しませてくれる国道240号沿線の舌川原宅の紅葉。見事に手入れされたお庭にリアルな熊の置物が阿寒の森の雰囲気。本当のクマさんも見たらどうおもうのだろうか?

北太平洋シーサイドライン、浜松フットパスを歩いてきました

hamamatsu2 (15)
南への渡りはまだ?

道東のフットパスめぐり第1弾として、評判の浜松パスを歩いてきました。落石駅を発着点とする約8kのコースです。このパスの魅力は太平洋岸の断崖からの絶景と崖を降りて海岸線と漁村を歩く、道東海岸線ならではのコースであることです。確かに、荒涼とした牧場から、岬からの水平線、林あり湿地あり海岸ありの魅力満載でした。落石は、漁船を使ったバードウォッチングクルーズでエトピリカやケイマフリをはじめとする海鳥の宝庫であり、今や世界のバードウォッチャーあこがれの地です。その運営主体が落石漁業協同組合の漁師さんたちなのですが、このフットパスも同組合が運営とのこと、まさに1次産業と3次産業を合体させた見事な地域振興だとおもいます。コースでは、もう晩秋だというのに、カモメ類とともに、ヒバリやオオジシギの若鳥が飛び交っていました。7月頃に海のクルーズとフットパスをあわせた1日コースは花鳥最高プランだとおもいます。お昼時をむかえ、厚床フットパスの伊藤牧場の直営レストランでランチ。こちらも地元素材を活かした美味しいひと時でした。

hamamatsu2 (18)
先端の岬から丸い水平線をみる
hamamatsu (43)
夏に裸足で歩きたい浜松の海岸
hamamatsu2 (11)
落石岬が見えます。漁船も漁で忙しそう
hamamatsu (21)
牧草地を歩く中で、海岸に向かう窪みの湿地帯
hamamatsu (35)
風力発電が景色にアクセント、夏は霧が多いかも

ヤマブドウやコクワを食べながら「里の道」を行く

 

9月27日に、14名が参加して、阿寒クラシックトレイル秋の第1弾「里の道」が開催されました。紅葉がはじまった大正道路では、ヤマブドウやコクワの実がなっており、参加者もしばし足を止め、秋の味覚を堪能していました。今年はドングリの実も豊作のようで、熊さんたちも一安心。昼食は小瀬牧場のオープンガーデンでこれまた菜園のトマトに舌鼓。この日は、歩くのにちょうど良い、晴れ曇の日和。後半も順調に足の伸ばし、ゴールの上徹別福祉館には午後3時30分到着。ほぼ予定通りの行程となりました。10月25日の「川の道」も楽しみです。

CCF20141002_00000
新聞で紹介されました
IMG_0001
参加者には「旅の野帖」に参加印を捺印。
DSCN1513
25kmを完走して、栄光のゴール!

新緑の阿寒クラシックトレイル「山湖の道」を歩きました

新緑のなか、阿寒クラシックトレイルの「山湖の道」を歩くイベントを実施しました。山湖の道は、阿寒クラシックトレイル全行程60kmの最後の山越えの道(約10km)です。昭和初期に阿寒湖畔と釧路の間に自動車が走るようになるまで、阿寒湖畔へは歩いて、又は馬に乗ってこの峠を越えました。「山湖の道」は前田一歩園の許可を得て、林道を歩きます。原生の雰囲気をとどめるイタルイカから、植樹の森を経て、湖水の島巡り、そして最後はまち歩き。写真で雰囲気をお伝えします。

_DSC0712
さあ、出発です。(イタルイカ)
_DSC0719
湧き水で一休み、旨い!
_DSC0723
松浦武四郎やアイヌ地名を解説
_DSC0739
アイヌ伝統料理ユックオハウ(シカ汁)で腹ごしらい
_DSC0764
ムックリとウポポ(唄)の演奏でほっこり
_DSC0801
まさに新緑の古道を歩きます
_DSC0816
マリモ展示観察センターでしばらくぶりにマリモに対面
_DSC0829
最後はアイヌコタンで締め。武四郎の宿泊地もこのあたり。

クマゲラを探して

どんな舟を造るのか
こんなに豪快な巣穴もめずらしいのでは。トドマツの傾きもこのせいでは?!(阿寒川筋、4月上旬)

阿寒を代表する野鳥のひとつにクマゲラがいる。
温泉街に隣接するボッケ自然探勝路は手軽に自然に触れることのできる散歩道だが、そのアクセスの簡便さに比して、阿寒の自然の魅力が凝縮された散歩道である。この散歩道のトドマツを採餌木とするクマゲラを見かけることがある。どこか山奥で必死になって探すというより、ドラミングの音をたよりに、アッ、ここに居たのという雰囲気である。ボッケ自然探勝路はホテルから歩いて5分、とても身近な散策路で、地域の方々も朝の散歩に使うポピュラーな散歩道だが、実に噛み応えのある道だ。豊富な植物群、湖と森林が織り成す景観、クマゲラをはじめ、年中、野鳥が観察できる。貴方も是非どうぞ。その時は、期待しないでさりげなく、が宝に出会える可能性が高いように感じるのだが…。