釧路湿原、阿寒・摩周の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。
●ブログ凸凹日誌●●●●●
  • HOME »
  • ●ブログ凸凹日誌●●●●● »
  • 旅のレシピ

旅のレシピ

「マリモ祭りツアー」 いつも訪れる阿寒とは一味違う、阿寒の魅力をガイド付きツアーで体感してください。

秋も深まりつつある今日この頃、お元気でお暮らしのことと存じます。 さて、当舎ではこの度、NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構主催の 「マリモ祭りと阿寒の紅葉、秋の阿寒紀行」のメインガイドをおこなうこととなりました。 …

いつか阿寒産のメープルシロップでクッキーを作りたい

わが舎の行動食は、オリジナルクッキーとフキのアンジェリカ(砂糖で煮詰めたお菓子)。おかげさまでお客様には大好評。出来るだけ地元素材をと、小麦は江別産と十勝産のブレンド、フキは阿寒で採ったものを使う。このたび、クッキーに使 …

「里の道」スペシャルイベントは生涯の記憶に残る2日間であった

阿寒クラシックトレイル「里の道」1泊2日のスペシャルイベントは我が生涯の記憶に残る2日間でした。快晴のトレッキング、旧上徹別小学校の佇まい、ユックオハウとイナキビごはんのアイヌ料理、古老エカシの昔話、カピウ&アパッポのア …

旅の予習、旅の復習。

  今年のわが舎の研修旅行は黒部峡谷の水平歩道トレッキング。戦後、日本の電力開発を切り開いた人々の自然との壮絶な格闘の現場である。吉村昭著『高熱隧道』には、その修羅場が見事に活写されている。旅の予習である。 図 …

「月刊 旅行読売」のエコツーリズム特集に釧路湿原散策紹介

旅行雑誌の老舗『月刊 旅行読売9月号』の取材を受け、釧路湿原展望台から温根内ビジターセンターまでの6.5kmをご案内し、取材を受けました。エコツーリズム特集で全国24箇所のガイド付きツアーが紹介されています。“オトナの旅 …

世界最高の高山植物群!大雪山凸凹花紀行

大雪山に高山植物を愛でに行ってきました。この時期、例年、体力トレーニングと高山植物に会いに赤岳から黒岳までの日帰り縦走をします。釧路市街からも高速道路が延伸され、大雪層雲峡まで約3時間で行くことができるようになり、早朝( …

阿寒国際ツルセンターの夏はビオトープで野鳥三昧

阿寒国際ツルセンターの館長、河瀬幸さんの写真展『小さな湿原ビオトープ』を阿寒湖畔の奏の森ギャラリーで見てきました。普段は冬のタンチョウの給餌場として有名なツルセンターですが、近年、このビオトープが夏鳥や留鳥の楽園として脚 …

久しぶりに川湯温泉の湯につかり、自然と味覚を堪能

在東京の娘が帰省して連休後半に1泊で川湯温泉に行ってきました。硫黄泉で有名な温泉はもとより、阿寒国立公園の屈斜路カルデラ、摩周カルデラが生み出す自然の魅力はこの地ならではのものです。旅の印象をスナップショットでお楽しみ下 …

湿原の春の芽吹きを体感する6.5k

温根内まで6.5kのコースは湿原の魅力を体感出来るロングコースです。早春の少し冷たい風に吹かれながら、釧路湿原の春のフォトスケッチです。    

クスリ凸凹旅行舎の表札ができました!

ローマのマルゲリッタ通りは、「ローマの休日」で新聞記者(グレゴリー・ペック)の住いに王女(ヘップバーン)が転がり込むアパートのある通りです。その一角に「イル・マルモラーロ」という大理石で表札や値札を造っているお店があって …

Page 6 / 8«567»
PAGETOP
Copyright © クスリ凸凹旅行舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.