『松浦武四郎と行く~新・道東紀行』目次一覧

『松浦武四郎と行く~新・道東紀行』は、道東地方に焦点を絞って武四郎の日誌や地図のほか、先人の探検家たちや蝦夷地を描いた絵師たちの絵などもたよりに、この地方の新たな魅力を求めて、埋もれていた名所を訪ねるガイドブックです。書籍版は2022年冬の出版を予定しております。当HPでは先行公開し、皆様の旅の参考にしていただければ幸いです。また、当舎の(半日・1日)オーダーメイドツアーのプラン作りにもお使いください。週1回程度の掲載を予定しております。

【目 次】

第一巻 蝦夷地探訪の先駆者たちが行き交う〈西と東蝦夷地を結ぶ道〉 ~直別から白糠・庶路へ
1)道が拓かれて〈東蝦夷地パイオニアルート〉2022.5.23掲載
2)斜里山道と網走山道 2022.5.31掲載
3)古の旅人におもいを馳せて 2022.6.8掲載

第二巻 先人達も歩いた道〈阿寒クラシックトレイル〉~阿寒町から阿寒湖湖畔へ
1)武四郎との衝撃の出会い 2022.6.17掲載
2)歩く文化を楽しみながら伝えるために 2022.6.24掲載
3)今昔の阿寒をつなぐ二人のキーパーソン
4)温故知新の道を行く

第三巻 登ったのか? マチネシリは何処~イタルイカオマナイから雌阿寒岳へ
1)武四郎一行の登山行程について
2)日誌から事実関係を推察する
3)マチネシリとはどの山か

第四巻 北北東に針路をとれ 津別から網走へ (未定稿)

第五巻  ご先祖様の行方を探して~モヨロ貝塚からウトロへ
1)ボクの叔父さん
2)開拓誌から《日本人の起源》へ
3)オホーツク人は何処
4)海の民の血が騒ぐ

第六巻 斜里山道の今昔名所巡り 清里から標茶へ (未定稿)

第七巻  神の山は何処? 屈斜路カルデラを巡る~摩周から屈斜路へ
1)松浦図を片手に
2)ちょっとレアなお勧めのカルデラ探訪コース
3)母なる川と「くすり乃たけごんげん」

第八巻  川をくだる、時をかける〈釧路川の今昔〉~塘路から釧路へ
1)釧路川をアドベンチャーツアーでガイド
2)歴史を遡りながら川を下る
3)釧路の足跡をだとって
4)郷土史と個人史

第九巻  難解アイヌ地名を愉しむ~桂恋から仙鳳趾へ
1)地域のブランド力
2)難解地名を分析する
3)よろこんぶ!昆布の話
4)難しい地名・面白い地名

第十巻 『岬と花の霧街道』 でフットパス 厚岸から落石へ (未定稿)

第十一巻  バードウォッチャーは極東を目指す~根室半島
1)英国で野鳥の宝庫をPR
2)最後のネイチャーツアーの適地
3)武四郎は水夫となって…

第十二巻  幻の町・喜楽で旅人たちに出会う~野付半島
1)トドワラは原風景
2)幻を探して怪しい歴史旅行団が行く
3)旅人たちが行き交う野付

第十三巻  国後(クナシリ)・目梨(メナシ)の空をオオワシが飛ぶ~標津から羅臼へ
1)思い通りに事は運ばず
2)異郷の地・羅臼
3)クナシリ・メナシの戦い
4)変わるもの、変わらないもの

第十四巻  「天に続く道」の結節点で~峰浜から斜里へ
1)天に続く道は今昔をつなぐ結節点にあり
2)地名の深みにはまっていく
3)以久科海岸を斜里に向かう〈古里逍遥〉

番外之巻  知らない道を歩きたい〈大雪山縦走〉~石狩川の源流部から松浦岳へ
1)大雪縦走で松浦岳に行くのだ!
2)武四郎目線の楽しみが加わる
3)体力の衰えをカバーする登山の新境地
4)先人たちのメッセージを心にとめて

釧路湿原、阿寒・摩周の2つの国立公園をメインに、自然の恵が命にもたらす恩恵を体感し、自然環境における連鎖や共生の姿を動植物の営みをとおしてご案内します。また、アイヌや先人たちの知恵や暮らしに学びながら、私たちのライフスタイルや人生観、自然観を見つめ直す機会を提供することをガイド理念としています。